viorto!
Blog&News ブログとお知らせ
DSC_1655

ずっとずっと温めていたスペシャルイベントをついに開催させていただきました。

5年越しの夢、〈朝倉玲子さん講習会@蒜山耕藝くど〉。

DSC_1635

蒜山耕藝のお二人とviorto! の出発は、5年前。

震災後、縁もゆかりもなかった岡山に根を下ろし、一緒にスタートした大切な仲間。

畑の様子、教室の様子を報告し、励まし合いながら、今があります。

彼らと初めて出会った朝倉玲子さん講習会から5年。

「いつか、蒜山耕藝のお野菜を使って、くどで講習をしてもらいたい。」

というのが大きな夢でした。

DSC_1645

自然への感謝、愛をたっぷり表現しながら、「自分自身の五感を研ぎ澄まそう!」と伝える朝倉さんのメッセージはずっしりと胸に響きます。

DSC_1655

朝倉さんのお料理は、いつもとても丁寧で、こまやか。

DSC_1640

かぼちゃをお皿に並べてゆく所作も、

DSC_1636

ズッキーニに、オルチョ(朝倉さんの販売するオリーブオイル)をふりかける姿も、

DSC_1668

ひよこ豆をどれくらい煮るか、という一瞬一秒の判断においても、とにかく繊細です。

DSC_1673

それはきっと・・・、

日本・イタリアで、農地をめぐり、生産者と語り、

彼らがはぐくむ生産物の良い時・悪い時、嬉しい時・辛い時を共に感じて過ごしてきたからなのだと思います。

DSC_1665

 

「美味しいもの」「美しいもの」を最初から作ることのできる人はいません。

 

だれにでも「はじまり」があり、様々な経験をして、少しずつ成長していきます。

 

「生産者にとって、辛い時こそ手を差し伸べてくれる消費者が本当に大きな支えだ。」

という言葉を聞いたことがあります。

良い時だけ買い求めるのではなく(もちろん良い時も買い求めていいのですが)、

辛い時こそ支えることが、生産者の支え。

そのような行為は、いつか自分の為になって帰ってくる、ということ。

 

朝倉さんからは、いつも溢れんばかりの愛をいただいています。

私がそう感じているように、彼女に料理される野菜たちもたっぷりの愛情を感じ、よりおいしくなるのだと確信しています。

 

「朝倉玲子さん@蒜山耕藝くど」、また来年の夏休みに開催します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_1697

viorto! の夏のおたのしみレッスンの一つであった〈季節の油の会〉。

残暑厳しい岡山のキッチンスタジオに多くの方にお集まりいただきました。

ありがとうございます。

 

この季節の油の会は、西粟倉で油屋さんを営むablaboの大林由佳さん こと油姫と、

油の使い方をテーマに料理教室を開催しているviorto! のコラボレッスン。

DSC_1692

 

〈油にだって旬がある!〉という油姫のお言葉通り、

採れたて、搾りたて菜種油をテイスティングしたり、お料理したり、そしてレジュメをみながら、菜種油の知識を深めることができました。

DSC_1697

菜種油だけにフォーカスを当てる料理教室だなんて、なんてマニアックな会!と、私自身も

感じつつの開催でしたが、さすが!ご参加の方々は感度の鋭い方ばかりで、

菜種油のテイスティングでは、目をまん丸くして驚いてみたり、

質問タイムでは多くの質疑応答が繰り広げられたり、

菜種油を使ったお食事をいただいたりと充実のひとときとなりました。

菜種油って美味しい!という声もたくさん聞こえました。

DSC_1699

viorto!の教室でもいつもお話しさせていただいている通り、

日本の食用油の歴史というものはとても浅いです。

私たちは本物の油に触れることがなく、高度成長期を迎え、現在に至っています。

「みんなが食べているから大丈夫。」

「自然食品店で売っているから安心。」

という他力本願的な選び方ではなく、

「私が美味しいと思うから。」

という食品の選び方を一人でも多くの人がしていけたら、素敵だとおもいませんか?

 

日本人に油の知識が浅いのは、仕方がないことです。

何を隠そう、私もずっとそうでした!

 

今後、季節の油の会は引き続き、秋、冬、春・・・と開催していく予定でおりますから、

四季の移り変わりのすばらしさ、日本人にとっての油について、

生産者と消費者が一緒に、楽しく美味しく学んでいけたら、と思っています。

 

ablabo油姫、岡山までいらしてくださりありがとうございました。

私も油のお母ちゃんと呼んでもらえるくらい?今後もじっくり学んでいきたいと思います。♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_1739

viorto! のこの夏の記憶を記録していかなくては・・・と焦ること早1か月。

時系列・・・いや、少しずつ思い出す・・・ということで、近過去から記していきたいと思います。

 

先週は、長野県安曇野へ行ってまいりました。

安曇野といえば、そうです、仲良くさせていただいている戸練ミナ先生の主宰でお料理教室をさせていただきました。

 

重ね煮料理研究家のミナ先生との出会いはちょうど1年前。

岡山県高梁市にあるwara倶楽部で開催させていただいたviorto!料理教室での出会いが始まり。

それ以来、重ね煮とイタリア家庭料理の共通点や相違点を二人で観察したり、話したりと過ごした一年。

出会ってまだ1年、そして長野と岡山の遠距離を考えると不思議なくらいの濃さでお付き合いしていただき、ご縁ってすごいなぁと感じている最中です。

そんな中、ミナ先生のもとで普段重ね煮を学ばれている方々にイタリア家庭料理をお伝えする機会をいただきました。

DSC_1739

松本での教室では、夏野菜をたっぷり使ったカポナータと、

DSC_1740

古代小麦ファッロのクレスペッレ。

DSC_1742

もちろん、トマトの水煮も・・・。

DSC_1741

オリーブオイルの選び方、使い方を重点的にお話しさせていただきました。

皆さん、目から鱗だった・・・かな?

DSC_1768

翌日は、安曇野のミナ先生のキッチンにて。

素晴らしい素材をしっかり揃えてくださいました。

トマトの色、美味しそうですね!

そし夏の長野には「夏いちご」があるんです、甘酸っぱくて夏の味。

DSC_1770

こちらでもオリーブオイルの使い方を中心に、何度も、何度も、しつこいくらい、何度も!オイルの加熱方法を見ていただきました。

普段ミナ先生から重ね煮の極意をしっかり学ばれている方ばかりでしたので、

私もどんどん深い分野までぐいぐいとお話をさせていただくことができました。(笑)

(プレート:トマトとエビのスパゲッティー・トウモロコシとファッロ粒のサラダ・茄子のトマトソース炒めを乗せたバゲット)

DSC_1773

岡山から持参したイルリコッターロさんのリコッタフレスカを使ったティラミス。

安曇野のお野菜もとびきり美味しかった!ので、ここでは岡山の美味しさをご紹介いたしました。

・・・・・・・・・・・・・・

安曇野も、岡山も、どちらも農業が盛んな県という共通点はありますが、

気候の違い、標高の違い、海からの距離など・・・が、郷土料理や食文化を独特なものに発展させるのだ、と身をもって感じることのできる4日間でした。

冬、雪に閉ざされる安曇野では、お漬物をはじめとする保存食を作ることが当然の文化として発展していました。

(岡山、特に県南は冬も温暖でお野菜が採れますね。)

ですから、今回ご紹介したトマトの瓶詰めなども、挑戦したことがある方がとても多かったのも驚きでした。

また、りんごなどの果物の生産地でもあるためジュースをつくるという加工法も浸透していて、〈ジュース用トマト〉というものが出回っていました。

岡山で私がみる加工用トマトとは違う品種で、果汁がたっぷり!の真っ赤なトマト。

安曇野でのイタリア家庭料理が成功したのは、この美味しいトマトがあったからこそ!かもしれません。

 

こうして違う土地に招かれ、その土地の食材でお料理をさせていただけることは、

料理家としては幸せの極みです。

主宰のミナ先生とそして美味しいご飯をご用意してくださったわこさんに、心から感謝しつつ、次なる安曇野への旅の妄想が始まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


8月も残すところあと2日。

充実した夏を過ごさせていただいております。

8月のすべてのレッスンを昨日終えて、事務仕事や片付けが山積みの中、私の息抜きになっているトマトしごと。

岡山に移ってから5度目の夏。

岡山の豊かさあって、毎年このようにトマトを瓶詰めさせていただいています。

DSC_1449

これはトマトを丸ごとびんづめにしたもの。

いわゆる〈トマトの水煮〉。

一般的には缶詰に入っているものをよく見ます。

自然界にはトマトは冬にはありません。

夏の野菜ですから、冬は食べなくてもよい野菜なのかもしれません。

でも・・・冬においしい根菜類や煮込み料理にトマトの瓶詰めは欠かせないのです。

食いしん坊のわがままなのかもしれません・・・

自分の手を動かし、自然に感謝していただき、みんながハッピーになるわがまま。

こんなわがままなら、きっとお天道様も笑って許してくださるでしょう!

DSC_1780

今日は事務仕事の傍ら、トマトをつぶしてソースを作ってみました。

トマトのない季節でも、以下においしくトマトをいただくかということをいつもいつも考えています。(食いしん坊ですから!)

DSC_1782

イタリアで買った、こんな道具もこの季節は大活躍です。

部屋中が良い香りに包まれ・・・、

主人からは「何作ってるの?」と聞かれましたが・・・、

「保存用です。」(笑)

DSC_1787

冬でも、忙しくても、このトマトソースさえ保存しておけば・・・と妄想が膨らみます。

今週末は、シーズン最後!のトマトの瓶詰ワークショップを蒜山耕藝くどにて開催いたします。

 

まだまだたくさん収穫できているようなので、

トマトの丸ごとの瓶詰とトマトソースの瓶詰と両方を作ってみることにしたいと思います。

保存用ですから、いつも作るトマトソースとは少しちがうレシピで作ります。

保存することを念頭においたスペシャルトマトソース。

しかも農家さんのもとでとれたてを使うなんて、本当に幸せなひと時になるかと思います。

 

トマトの量やお席に限りがありますので、気になる方は是非お早めのご予約がおすすめです。

 

冬は味噌、春は梅干し、夏はトマト・・・と、日本の四季の台所しごとにトマトが欠かせなくなることでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レッスンの詳細は、こちらをご覧ください

 


DSC_1388

1年半ほど前に参加させていただいた  local food heroes okayama で知り合った〈みつ有機組合〉さんは、

岡山市内より、北へ30分ほど車を走らせてところでおじいさんの代から有機農業を続ける素敵な農家さんです。

一年をとおして、我が家、そしてviorto! の野菜は、そのほとんどをみつ有機組合さんにお願いしています。

 

彼らのお野菜の第一印象は、

〈美しい〉〈丁寧〉〈農業を心の底から楽しんでいる〉。

 

みつさんのお野菜をいただくとすれば、四季折々の野菜をふんだんに使ったサラダ が一番好きかも!と、

素直に感じるほど、生でいただく野菜たちがとても美味しく、また生き生きしているのです。

DSC_1388

ご自身の田んぼと隣接する畑には、可愛いカエルたちがたくさん。

ずっとずっと農薬や化学肥料を使ずに自然とともに暮らしてこられた証。

今ではオーガニック野菜というとよいイメージが強いですが、30年前は〈変わり者〉とレッテルを張られて苦しい時代もあったようです。

DSC_1404

美しい花を咲かせている茄子と結果したての赤ちゃん。

DSC_1392

ミニトマトの種類もたくさん。甘いのはもちろんなのですが、その甘味に嫌味がなく清らかです。

DSC_1402

そしてイタリアの加工用トマトの代表ともいえるサンマルツァーノ。

何度かこのブログにも書いていますが、今年はトマトにとって厳しい夏のようです。

そんな中、しっかり実をつけるこのトマトたちの力強さに脱帽です。

 

一年の中には端境期といって、野菜があまりとれない時期が必ずあるのですが、

それでも必ず何種類かのお野菜を収穫できるように入念に計画して作付けをされています。

 

私は何度みつさんに助けていただいたのだろう、という感謝の気持ちが、

この夏は特に強く湧き上がっています。

 

自然に向き合って、真面目に作物を作ってくれる人は本当に偉大です。

 

私たち消費者も五感を研ぎすまして、自然を感じ、そして生産者の声にしっかり耳を傾けなくては、と考えています。

 

野菜が、食べ物が、いつでも手に入ることは当たり前のことではありません。

その裏で、一生懸命動いている方がいることを忘れずに・・・。

今日も感謝の気持ちを込めてお料理をしたいと思います。