viorto!
Blog&News ブログとお知らせ
IMG_3996

先日こっそりと8月の記憶をアップしました。

9月の記憶は色が淡い色にならないうちにどうにかこうしてアップできそうです。(よかった)

毎日毎日が濃すぎて・・・どんどん記憶が上塗りされてしまう日々。

私自身、毎日新しい自分になっていきなさいということなんだと思っています。

 

IMG_3993

9月のレギュラーレッスンは、野菜たっぷりの華やかな食卓となりました。

こちらは沢山の方がおさらいしてくださった無水パスタ。

野菜の量、パスタやソースの量が決め手。一度試していただければコツはすぐつかめると思います。

IMG_3996

無水パスタの他にも、

・かぼちゃのスパイシーポタージュ

・さやいんげんのアンチョビマリネ

・無花果とサラミのサラダ

・フォカッチャ

・レンコンと豚小間のバルサミコソテー

・クレームダンジュ風デザート

をご紹介させていただきました。

IMG_3981

デザートのクレームダンジュに添えたフルーツピュレは数種類から選んでいただいたのですが、

一番人気だったのは、いつもレッスンにご参加してくださるMさんからおすそ分けしていただいたブラックベリーで作ったピュレでした。

こうしてムーランで濾したら、種一つない滑らかな仕上がりになって・・幸せな出来栄えでした。

Mさんありがとうございます。

IMG_4005

そしてキューティパイ倶楽部では、

「子どもの五感を育てる野菜料理教室 春夏」の最終回を。

(写真はスタッフの二人とささやかな打ち上げをした時のもの)

小さなお子さんを持つ方はもちろんのこと、独身の方や、ベテランお母さん達にもご参加いただけてとてもとても嬉しかったです。

会場のキューティパイ倶楽部は、普段パーティーやウェディングで使用されることが多いほどお部屋が広く、また窓から見える自然が私たちの心をほっとさせてくれる場所。

子どもたちもとても穏やかにそれぞれの時間を過ごしていたように思えました。きっとすべてが調和して醸し出した空気のおかげなのでしょう。

IMG_4004

次回の「子どもの五感を育てる野菜料理教室 秋冬」ただいま参加者募集中!

おかげさまでお席もわずかとなってまいりましたが、まだご予約が承れます。

お母さんも、そうではない方も、お料理が好きな方も、そうではない方も、

「五感を澄まして料理をすることの楽しさ」を知っていただけたらとても嬉しいです。

~子どもの五感を育てる野菜料理教室 秋冬~ *詳細はこちら*

IMG_3999これはある日のキッチンスタジオの冷蔵庫の中!(笑)

ぱっと開けたら、一面赤色のトマトだらけ!

親しい友達であり、お取引農家さんである蒜山耕藝さんが丁寧に育ててくれたトマトたちを前に心がほぐれ、明るくなったことを思い出します。

このトマトたちの子どもたちに会えるのは又来年の夏。

わたしもトマトたちのように少しずつ成長しなくてはです。

IMG_4041

そして、その蒜山耕藝さんの台所、「くど」にて毎年恒例の朝倉玲子さんの会を。

蒜山中和地区にてお豆腐を作る松井さん(写真を撮ってくれてありがとうござます!)と 岡山で活躍するフードコーディネーター エア-.プラスの赤松陽子さんがお手伝いしてくださいました。

私は「五感を研ぎ澄ます」という言葉を使うことが多いのですが、

今回朝倉玲子さんは、「五感を呼び起こす」という言葉を使われていたのが印象的でした。

眠っちゃってる五感はまず呼び起こさなくちゃいけないですね。

わたしも五感もまだまだ寝ているものがあるかも・・・?!

現状に満足せず、もっともっと五感を呼び起こして、磨いて、使って、また感じて、そんな暮らしを楽しんでいきたいと思いました。

 

お手伝いしてくださった赤松陽子さんは、朝倉さんのことを「オリーブオイルの伝道師」と呼んでいました。

わたしも朝倉さんに出会って、本物の食のこと、生産者のこと、私たちの暮らしのことを深く考えられるようになりました。

自分と世界はいつも繋がっています。

人は一人じゃ生きられないから、繋がる世界のことも視野に入れて暮らしていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


IMG_3905

夏休みの記憶。

すぐに振り返ろうと思っていたのに、あっという間に秋になってしまいました。

いけない、いけない、反省です。

IMG_3741

「ゆかりさん、夏休みのレッスンするの?」

と聞かれることがあります。

「トマトの季節だもん!お料理しないと!」

と私は答えます。

IMG_3905

最近はイタリア料理教室…というわけでもない多ジャンル料理のviorto! ですが、やっぱりトマトの季節は特別なんです。

IMG_3760

ね!

もう大忙しですっ!

IMG_3912大地の恵みをたっぷり受けて育ったトマトをはじめとした夏野菜たちの季節。

もちろん、キュウリも茄子もピーマンも…みんなみんな美味しい。

トマト瓶詰作業は毎年好評でキッチンスタジオ以外でも今年は2か所(蒜山耕藝・キューティパイ倶楽部)で開催させていただきました。

沢山の方に、岡山の豊かさを知っていただけて本当にうれしかった。

IMG_3764

切っただけのトマトを使ったトマトソースは海老と合わせて旨みアップ。

IMG_3889

蒜山では、出来立てのタルマーリーさんのビールと共に。

トマトにビール・・・夏の正しい過ごし方です。(笑)

IMG_3976

プライベートでは、何度も何度も山陰の海で泳ぎました。

首都圏生まれの私にとって、日本海は本当に新鮮です。

そして、鳥取島根をはじめとする山陰地方の食の豊かさにただただ驚くばかり。

小さな島国といえど、その土地々に素晴らしい風土と文化が根づいています。

この美しさをもっともっと感じられる私たちでいられるような暮らしがしたいと思うばかりです。

 

今年もまた可愛らしいトマトたちに出会えたこと、

そのトマトたちを美味しく料理し、皆さんと分かち合えたこと、

これを幸せと呼ばずに何と呼ぶのでしょうか。

 

来年の夏も、この幸せな食卓がみんなと囲めることを心から楽しみにしています。

 

viorto! の夏を一緒に過ごしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 


IMG_3593

夏の始まり、7月の記憶。

IMG_3615

7月レッスンは恒例の「いりこ」レッスン。

麺料理が増えるこの季節、瀬戸内のいりこのことをもっと知ろう。といりこ料理を一つ入れました。

その他、ズッキーニやピーマン、トウモロコシやトマトなどの旬の夏野菜を美味しく、そしてせっかくならばより体に優しく調理しましょうというテーマでお話をさせていただきました。

IMG_3610

美味しいいりこの選び方、そして家庭ならではの極上のお出汁のひき方、いかがでしたか?

煎りたてのいりこのお味見タイム、皆さんの美味しい表情、とっても嬉しかったです。

IMG_3612

丁寧にひいたお出汁は、麺とともに、そしてマリネや煮物に最高。

特にトマトをはじめとした季節の野菜との相性の良さは抜群!

ハレの日に、ケの日にぜひお試しください。

IMG_3614

トウモロコシとはとむぎのごはん。

最近、和の薬膳について学ぶことがとても楽しく、ちょっとずつレッスンでも役に立ちそうなお話をさせていただいてます。

私自身自分の体や体調をじっくり観察したりして・・・皆様も是非五感をフルに活用して体の声に耳を澄ませてみてください。

そして、今目の前にある食材をどのように頂きたいのか、そのためにはどのように調理をしてあげるとよいのか、いつも同じではなくて今の感覚を大切に、食材と会話をしていきましょう。

 

7月後半、梅雨が明けてすぐ、石川県小松市にあるクックウェアソリューションさんにお鍋の勉強に行ってまいりました。

昨年、朝倉玲子さんのおすすめで出会ったサラダマスター社のお鍋たちのことをもっとよく知るための勉強会。

オルチョサンニータをつかって全国各地でお料理教室をされている講師の皆さんととても楽しく充実したひと時。

IMG_3668

こちらは甘酒を作り方を教えていただいた時のお写真ですが、時短はもちろんのこと、そのクリアな味わいにびっくり。

びっくりを通り過ぎて、衝撃的・・・というか・・・。

道具一つでこれだけ味が違うのかと、目が点でした。

IMG_3669

素材の味を引き出す調理方法の他にも、私たちが疑問に思っていることなどを一つ一つ丁寧にクリアしていき、

皆の顔はもう真剣そのもの。

左はオルチョサンニータの朝倉玲子さん。右はサラダマスターを紹介・販売している堀ファミリーのお嫁さんのマヤさん。

鍋底がいったい何度くらいになるのか、油の酸化に耐えうるのか・・・本当にいろいろなことを実験しました。

IMG_3671

真剣にお勉強をした後は、和気あいあいのお食事タイム。

作って食べて作って食べて…の繰り返しでしたが、どのお料理も素晴らしく、お箸と笑顔が止まりません。

 

お料理に道具はつきものです。

ピアニストにとってのピアノ、大工さんにとっての工具、野球選手にはバットやグローブが必要。

たかが道具、されど道具。

庖丁について学んだ時も感じたのですが、

道具が変わることで、料理が、心が、体が、こんなにも喜ぶとは思い寄らなかったので、目からうろこの日々。

 

確かにほかのお鍋に比べると高価なので私も初めはすごくドキドキしたのですが(笑)、

私にとって料理は人生そのものだから、この出会いに心から感謝しています。

私たちを受け入れてくださった堀さんファミリー、そして企画してくださった朝倉さん、この度は本当にありがとうございました。

 

IMG_3643

そして最後は、viorto!のショッピングスポットの一つである コタン西口店向かいにある、the market さんでの夜イベントへ。

多くの方にお越しいただき、エネルギッシュな空気感とそのエネルギーに感無量です。

IMG_3718

wacca farm から届いた新鮮なお野菜たちをイタリアの家庭で食べられているような素朴なお料理に仕上げ、

ナチュラルワインや自然発酵の日本酒とマリアージュ。

いつもの面々、初めましての方、スタッフ、農家さん、みんなみんなと一緒に作り上げた素敵な時間。

 

「ゆかりさんの味がする~!」と笑顔で感想を教えてくれたOさん、料理教室以外での私の味が新鮮だったのかしら。(笑)

 

viorto! の味ってどんな味?

当の本人はあんまりよくわからないのですが、こうして皆さんの心と体にじんわりとお届けできていることができて、本当にうれしいです。

 

来月8月は、トマト祭り!

夏野菜と共にうんと夏を楽しみましょう!

基本のトマトレッスン(キューティパイ倶楽部&蒜山耕藝くど)の空席もわずかになってまいりましたので、どうぞお早めにご予約ください。

レッスンにお越しのみなさま、農家さん、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


IMG_3643

いよいよ始まった夏!の美味しい時間のお誘い。

来週7月28日金曜日、岡山駅西口にある the market  にて、一夜限りの bar viorto! を開催させていただくこととなりました。

START は、だいたい18時くらいから。

夏野菜いっぱいのイタリアおばあちゃん風のお料理でおもてなしをさせていただきたいと思っています。

DSC_1636

the market は、パン屋さん併設のオーガニックカフェで、普段は11時~19時の間に営業をしています。

しかし、

「駅近で夏の夜に閉めておくのはもったいない!」

「気軽に、そしてオーガニックに飲み食べしゃべれる場所があったらいいよね!」

というたくさんのリクエストによりこの夏から毎週金曜夜18時~23時まで、`bar` として営業を始めたんですって。

 

今回は、コタン オーナーのヒデさんが、「viorto! の料理、食べたい!!」と熱烈ラブコールをしてくださったので(♡)、

私も大好きなお店!ということでお料理をさせていただくこととなりました。

IMG_3643

先日、さっそく私も遊びに行かせていただきましたが、とっても居心地よく、楽しくほろ酔いにならせていただきました。(笑)

それに嬉しいのは、お料理がエネルギー溢れる美味しい素材で作られていること、ドリンクも自然に寄り添った醸造のものばかりであること。

IMG_3644

今回は、ワインに詳しいスタッフさんが、viorto! のお料理に合う自然派ワインをセレクトしてくださるようで、とっても楽しみ!

教室以外で皆様にお料理をふるまうことは、あまり機会なのでちょっとだけ緊張しつつ、でもとっても張り切っていますので、皆様ぜひお誘いあわせの上ご来店ください。

DSC_1506

お料理は数量に限りがありますが、お野菜は豊富にありますので、随時何か美味しいものを作っていきます。

乗ってきたころ?に、waccafarm の旬のサンマルツァーノで作った自慢のトマトソースのパスタもご提供したい!

8月に開催します「viorto!基本のトマトレッスン」にご興味がある方もぜひこの場でお味見いただけたら嬉しいです。

DSC_2262_304

トマト、ナス、ジャガイモ、ピーマン、キュウリ、ズッキーニに玉ねぎ・・・。

どんなお料理を作ろうか、ドキドキワクワクしながら準備中。

皆さまと美味しい夏の夜を過ごせることを心より楽しみしております!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


IMG_3540

2017年6月の記憶。

 

さわやかな6月の始まり。

「雨が降らないねぇ。」と教室でも毎日のように皆さんとおしゃべり。

IMG_3531

今年は玉ねぎが豊作だという声をいろいろな方面から耳にすると同時に、教室にもたくさんの恵みが集まりました。

イタリア料理に欠かすことのできない玉ねぎさんたちがこんなにもいっぱい。

ついつい顔がにやけてしまいます。

IMG_3533

さて・・・6月のテーマは、「ズッキーニと玉ねぎを美味しくいただく。」

まずは、アントネッラが教えてくれたミルフィーユ仕立て。

丸ごと焼いてしまうイタリア人の豪快さを私たちもまねっこしてみました。

IMG_3536

美味しく焼けたらスライスしてお皿に盛りつけます。

~感性のおもむくまま、自由に~

簡単なようで、これが難しい!のですよね。

集中して仕上げないと、味付けが決まりません。

普段はおしゃべりな私ですが、ここはしばし沈黙の時間が流れます。

IMG_3578

そしてこちらの写真も実は同じお料理。

6月後半に差し掛かり、梅雨らしいお天気になったと思うと、ぐんとズッキーニたちが成長してきました。

ずんぐりむっくり、水分たっぷり。

野菜たちの声をきき、臨機応変に調理方法を変更!

スライスしてオーブンへ。

IMG_3571

切り方ひとつで大きく味わいが変わるとても楽しい例。

(レッスンにご参加された皆様、目の前のズッキーニの声を聴いてお好きな方法をお試しくださいね。)

IMG_3541

前半のプレートはさわやかな空模様と同じさっぱりランチ。

IMG_3572

後半はしっとり梅雨空を吹き飛ばすようなカレー風味のパワーランチ。

季節の移り変わりに寄り添うと、こんな風に自然と食べるものが変化していくのだなぁと、私自身興味深く感じました。

IMG_3549

そんな中教室に舞い込んできたお花たち。

この蒸し暑い季節でもとても元気にはつらつとパワーを注いでくれました。

愛情を沢山受けて育ったんだと、毎朝会うたびに感じました。

何しろとてもとても元気なんです。

わたしも自然とこの子達と向き合い、愛情を注ぐことができたからかもしれません。

野菜も、お花も、同じ植物。

育てる人の愛情はもちろんのこと、手に入れた人もそれらと丁寧に向き合うことで、私もこんなに幸せになれるんだと感じました。

IMG_3548

「美味しいものってどういうものだろう?」

そう真剣に考えるようになってから、私の心と体は日々大きく変化しています。

美味しいものを探し始めると自然と五感が研ぎ澄まされてくるのです。

「美味しいものとは、心にも体にも無理なく心地よいもの。」

 

じめじめ蒸し暑く、嫌われがちな梅雨の季節ですが、

今年の私は不思議とこの季節の移り変わりが愛おしくて仕方がありません。

今にも雨が降りそうな曇り空や、水分をたっぷり含んだ重い空気、じっとり汗ばむ肌にすら感謝したくなります。

これはきっと美味しいもののおかげ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな中、親愛なるお料理仲間の戸練ミナさんのお料理教室を開催しました。

IMG_3567

心からお料理を楽しまれている戸練先生。

本当にお料理が好きなんだと嬉しくなります。

(もちろん周りの私たちも一緒にニコニコしてしまいます。)

IMG_3563

戸練先生は、野菜たちを見るとどんな風に育ってきたのかわかっちゃうんですって。

IMG_3564

丁寧に切ってそれぞれを重ねます。

IMG_3565

 

この瞬間の馨しさときたら・・・!

「野菜たちから出てくる水分は、川~海~空~雨~大地と循環してきた水。美味しい野菜をいただきたいのならば、私たちの暮らし方も考えたいですね。」

と、とても素敵なメッセージをいただきました。

愛情たっぷりの彼女に会うと、私はいつも元気をもらいます。

こんな風に野菜たちも元気をもらって美味しくなっちゃうのだと思います。(絶対そうに違いありません!)

戸練先生の重ね煮教室。次の開催をどうぞ楽しみにしていてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月はどんなお野菜に出会えるのでしょうか。

そしてどんな人と巡り合えるのでしょうか。

 

美味しい学びの時間を一緒に共有していただけたら光栄です。

7月もどうぞよろしくお願いいたします。