viorto!
Blog&News ブログとお知らせ
9657F71F-E01A-4E3F-9126-240D60070F4F

そあ 「美味しいパスタの秘密」をお伝えすることから始まった3月の教室。

501476B3-2D8C-4E50-9764-5150ACE9FFD0

私にとって「美味しいパスタ」とは、舌だけではなく、胃袋にとっても美味しいもの。

現在市場で大量流通している乾燥パスタは、過度な品種改良をされたタネを栽培したものや、高温で急激に乾燥させたもの、どこの誰が作った小麦を使っているかわからないもの、がほとんどだそう。

私は体に合わないものを食べると、食後に体が重くなり、目がトロンと眠くなり、ランチであれば午後の仕事がはかどらなかったり、夜ご飯であれば寝つきが悪かったり、翌朝の目覚めが悪い、なんてことが多々あります。

頭でかっちに知識だけで食卓を囲むことは楽しいことだと思わないので、食事を取るときはとにかく「楽しく!」を大切にしている私ですが、

身体にとって美味しいか美味しくないかは、やはり顕著に分かるわけで。

自分の心や想い、身体には正直に暮らしたい、選びたい、生きたいと常々考えています。

D1237D17-A1FE-43E1-9058-2795E6E83188

そんな風に身体が欲するものを考えて作ったのが今月のスパゲッティー。

スパゲッティー ナポリタン。

B186C20B-4157-4E26-A084-3C90DCA4FEA4

イタリア人の目の前でこの料理を作ったら、「これはイタリア料理ではない」と怒られてしまうくらいイタリア料理とは違った日本的な作り方をするパスタでありますが、忙しい年度末年度始まりにはとても重宝するレシピでもあります。

とびきりの食材を使って、心も身体にも染み渡るような料理を作りたいし、食べたい。6E1D7295-5EC0-4C84-897C-D049312F8E0B

春野菜のごった煮。

南イタリアで教えてもらった料理。習ったときは初夏の野菜の組み合わせでしたが。

A8CDDE63-40EC-4BF9-8AD4-D68B193A597D

目にも美しい赤いサラダ。

少し料理がマンネリ気味のときは、こんな遊びがあると日常が楽しい。

 

美味しいアヒージョを作る秘訣は、兎にも角にも美味しいオイルを選ぶこと。

E86F7C10-3E08-4CCC-A8BC-344D5F870853

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月の教室へのご参加ありがとうございました。

○スパゲッティーナポリタン

○ホタルイカのアヒージョと芽キャベツのパンサラダ

○苺とフルーツトマトの赤いサラダ

○春のチャンボッタ

○林檎のフリテッレ

○ジンジャーレモンシロップ

 

 

 


IMG_4022

5月のさらます部

「世界一幸せな朝食会」

〜 5月25日(土)10時半~13時半   ¥3500+税 〜

*リコッタチーズパンケーキ

*季節果物のコンポート

*ハッシュドポテト

*焼きトマト

*自家製ハーブソーセージ

*ゆで卵研究

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

viorto!で愛用している調理道具「サラダマスター」の使い方講習会「さらます部」を月に一度開催しています。

サラダマスターをご愛用中の方はもちろん、気になっている方、初めて聞いたよ、という方までどなたでもご参加いただけます。

5月は、私が大好きなシドニーの街でよく頂いていた朝ごはんを思い出し、ふわふわのリコッタパンケーキを作ります。パンケーキのお供には季節のフルーツを使ったコンポートやフライパン一つで作るおかず達を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらます部は「料理教室」ではなくて、「部活」という気持ちで開催しています。

そんなイメージで積極的にそして、お気軽にご参加いただけたら嬉しいな、と思います。

私も皆さんの素敵なサラマス使いのアイディアをたくさん教えていただけたらとても嬉しいです。

 

*さらます通信Okayama 月一でメルマガを配信しています。ご希望の方は、viorto!までお知らせください。


DSC_0395

日々の料理は、簡単で美味しいことが大切。だと思う。

手の込んだ晴れの日の料理の美味しさは、いつもの日常があってこそ。

イタリア家庭での定番朝ごはんであるクロスタータも、一見手間のかかる料理に見えるが実際はとてもシンプルだ。

もちろん、お米が主食である私たちにとって、粉が主食である国のこのような料理が日常になるとはいいがたいが、どの家庭でも作られ続けているだけにイタリア人にとっては簡単な料理であることは間違えない。

DSC_0413

夏に旅をした際に習ったままのレシピで、クロスタータを焼く。ジャムはこの土地のブラックベリーで。

イタリアのお母さんたちがやるように、残った生地でリボンを作りタルトに乗せて焼いてみる。オーブンからの香ばしいにおいがたまらなく嬉しくなる。

DSC_0455

日本のお母さんとイタリアのお母さんの味を合わせてみたヒジキとチェチのマリネ。

この料理は、一年中食べたい私のお気に入りのレシピのひとつ。調味料は、オリーブ油、酢、塩だけ。

素材の味を感じることが楽しい。

DSC_0469

かぼちゃのフリッタータ(オムレツ)は、鍋で焼くと、高さが出る。

切った時の断面が美しくなり、一気におもてなし料理になる。このような小さな工夫がいつもの食卓を盛り上げるのだと思う。

DSC_0486

この季節、野外でいただく食事が最高においしい。

お庭やテラスがある方はぜひ試してほしい。そうじゃない時も、植物を飾るとずいぶん気持ちがちがう。

DSC_0545

レシピも大切かもしれないが、料理をおいしくするヒントはそれ以外にももっとたくさんあるのだと思う。

素材や道具はもちろんのこと、環境や、気持ち、そして誰かと一緒に食べるということが、いつもの食事を何倍もおいしくしてくれるはずだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〇人参葉とケッパーのふりかけ

〇柿の胡麻和え

〇チキンのハーブパプリカマリネ

〇かぼちゃのフリッタータ

〇ヒジキとチェチのマリネ

〇青唐辛子のサルサ

〇ジョイアのクロスタータ

 


4D1B5FD7-AD40-417F-9DA2-D02E2F206D76

09AD80BB-4222-4882-B68C-B3C218D2D088西粟倉のソメヤスズキ、 ナナコさんに フワッと軽いオーガニックコットンのスカートエプロンを作ってもらいました。

8A679E61-5841-4735-9C3F-5DCC65C80728

「衣食住を切り離すことなく、同じ視線で楽しみたい。」

viorto!の思いがいっぱい詰まったエプロンです。色と長さはセミオーダーも承ります。

自分色のエプロンを見つけていただけたら嬉しいです。

会場は岡山市北区丸の内にある atelier lanotemuette。フローリスト 大澤英美さんのアトリエ。詳しくは下記をご覧ください。

E67A1243-CC56-4C93-8C92-9326B3054FCE

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

衣も食も花も。【オリジナルエプロン セミオーダー会】 「食べるものと同じように、自分が気持ちいいと感じるものを身につけたい。」

暮らしとつながる料理教室「viorto!」主宰のゆかりさんのために、オーガニックコットンと草木染めの「ソメヤスズキ」が、一着のエプロンをつくりました。

「料理が楽しくなるようなエプロンを。」

ゆかりさんの思いが詰まったセミオーダー会は季節の花が静かに並ぶ、「atelier LA NOTE MUETTE」で開催します。会場ではviorto!オリジナルエプロンをはじめ、ソメヤスズキの衣や小物の販売と、お好きな色を選んでいただけるオーダーを承ります。

心地よい秋の2日間。お気に入りの一着との、出会いの場所となりますように。 

10/28sun. – 29mon. 11:00-18:00

atelier LA NOTE MUETTE(岡山県岡山市北区丸の内2-10-5)

※お車でお越しの方は、周辺のコインパーキングをご利用ください 

○ソメヤスズキ

草木の色で衣食住にまつわるものづくりをしています。会期中は「そめやのそめなおし」の持ち込み、ご相談を承ります。詳しくはECサイトをご覧ください。

http://shop.someyasuzuki.com 

○atelier LA NOTE MUETTE

季節の花とともに、厳選した花器や香りの小物を取り揃えています。フラワーレッスンも開催。詳しくはHPをご覧ください。

https://www.lanotemuette.com

 

 


DSC_0220

記録的な夏が過ぎ、季節は秋。

雨風の影響で、野菜の種類は少なかったものの9月の食卓は秋の色。

DSC_0251

7月に行ったイタリアでの旅で出逢った料理を少しアレンジしながら、イタリアの野菜と日本の野菜を比較しながらの料理教室。

イタリアの野菜は美味しいといわれるのはなぜなのか。

オリーブオイルも、トマトの水煮も、イタリア産ばかり注目されるわけは?

日本で美味しいイタリア料理を作るために、私たちの意識はどこにむけるべきなのか。

DSC_0247

この3つを忘れなければ、きっときっと日本の家庭でもとびっきり美味しいイタリア料理を楽しむことができると信じている。

*素材選び

*低温調理

*時間をかけること

(イタリア料理だけではなく、多くの国の料理に言えることでもある。)

DSC_0215

新鮮な野菜、そして本物の調味料を吟味すること。

調理の際に低温を心掛けること。(特に油を介す料理はこれがとても重要。)

そして時間をかけて、じっくり野菜や食材の水分を飛ばしていくこと。水分を上手に調整することで素材の良さを引き出すことができる。

まさに時間は調味料。

時間を惜しむと、もっと沢山の(時にとても濃い味の)調味料を足す必要が出てくる。

ずっと鍋やフライパンの前に立ってて・・・というわけではなく「素材を信じてゆっくり待つ」ことが大事。

DSC_0236

今月は久しぶりにみんなで手地パスタを作ることに。

マルケ州で自然栽培を営む心優しいクリスチャンのファッロでフジッリを。

DSC_0268

ドルチェには、イタリアレモンを使ったジェラート。

この夏の思い出をたっぷり閉じ込めたつもり。

皆にイタリアの風が届いたとしたらとても嬉しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〇舞茸のフジッリ

〇レンティッキエのクレマ

〇無花果とサラミ

〇隠元のバルサミコ和え

〇南瓜とピーマンの重ね焼き

〇茄子のロースト マリナーラ風

〇レモンのジェラート