viorto!
Blog&News ブログとお知らせ
DSC_1265

2017年5月の記憶。

DSC_1188

行った場所、あった人、感じたことを一つずつ振り返ることができたらよいのですが、

なかなかゆっくりパソコンに向かうことができていません。

今月からまとめて記録していったらよいかなと思い、毎月のレッスン模様を毎月の記録としたいと思います。

DSC_1101

「さて、5月は豆です。」

そんなフレーズから日々のレッスンをスタートしていたような気がします。

DSC_1135

岡山の5月といえば、緑色のかわいらしい豆たちがテーブルの主役になります。

この子たちを、どう美味しくいただけるかをじっくり観察してお料理をしました。

DSC_1120

また、5月上旬は葉玉ねぎもたくさん出回っていましたので、こちらもグリーンピース(岡山県南ではアラスカと呼びます)と共にパスタのソースに。

お豆さんをたくさん食べるならば、やはりイタリア家庭料理にならうのが一番。

これまであまり豆が好きではなかった方も実は沢山いたようです(笑)が皆さま開眼した様子!

何を隠そう私も岡山に来て豆好きになった一人であります。

DSC_1215

そして信州への旅へ。

可愛らしい林檎の花が迎えてくれました。

DSC_1220

長野県・安曇野にて料理教室を主宰されている戸練ミナさんのキッチンでviorto!のレッスンを。

ひんやりした雪どけ水が流れるきれいな小川で野草を摘み、イタリア家庭料理に。

同じ本州といえど、岡山県南と信州では、空気も気候も四季も全く異なります。

DSC_1225

こちらはクレソンのスープ。

春の自然のパワーを存分に味わいました。すごく美味しかったです。

DSC_1226

端境期の中、農家さんが分けてくださった大切な小松菜はケッパー風味のパスタに。

これもすごく美味しかった!

 

安曇野には、首都圏から関西方面から多くの方が集まってくださり、感謝感激。

そしてご縁をつないでくださったミナさん、いつも美味しいお食事をご用意してくださるお母様わこさん、改めましてありがとうございます。

DSC_1250

ひんやり空気の信州の旅から岡山に戻り、「子どもの五感を育てる野菜料理教室」。

大好きなキューティパイ倶楽部に素敵な皆様が集まってくださいました。

0歳の赤ちゃんがすやすや眠る麗しい雰囲気の中のお料理教室。

「子どもの五感を育てる…」なんていうテーマですが、実は「大人の五感を育てる」のがテーマ!

 

子どもたちの五感はアンテナがしっかり立っています。

その五感に寄り添い、一緒に高めて、楽しい食事の時間になったらいいなぁと思っています。

 

(五感が研ぎ澄まされている状態を「敏感」と表現することが時にあるのかもしれませんが、なんとなくニュアンスが違うかなぁ、と思うことがあります。まだぴったりの表現が見つかっていませんが。)

 

5月はキッチンスタジオでも、安曇野でも、キューティパイ俱楽部でも、

「感じる」という言葉を何度も口にしました。

 

viorto! では、お料理上手の定義をこんな風に考えています ↓

「目の前にある食材で、自分や周りの人が笑顔になるお料理が作れる人」

 

レシピを沢山知っていること、レシピ通りに調理することが大切なのではない。

 

みんなで正真正銘のお料理上手になっていきたいなぁと思っています。(私も精進します!)

 

それでは教室の皆さんからいただいた素敵な感想を少しだけ共有して終わりにします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

*レシピに数字と作り方が書いていなく復習が楽です。うまく言えないけれどすっごくいいと思います。料理が「再現」から「創造」に進化したような。

*柔軟に~という言葉を思い出してミートソースを作ったら家人絶賛のパスタができました。

*いつも畑で採れる野菜でお料理を作るので自己流になります。いろいろ本を買っているのにレシピ通りにいかないし、果たしてこれは美味しいのか?なんて悩んでいましたが、これでいいんだ!と勇気が出ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今月6月もどうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

viorto! レッスンのご体験をご希望の方は、こちらまでご連絡ください→ 

 

 

 

 

 


DSC_0909

4月レッスン模様。

DSC_0909

旬の素材を美味しくいただくレッスン。

筍・山菜・野草・雪下人参などをいつもの食卓で楽しめるメニューに。

DSC_0855

4月といえば筍ですが、岡山の人は「たけのこは買うものではない!」といいます。

毎年食べきれないほどの筍(なんという幸せ!)をいかに日々美味しくいただくかというなんとも羨ましい悩みがあるということを岡山に移って知りました。

筍ご飯もたっぷり食べたし、お吸い物も、若竹煮も、存分に楽しんで、さて?!・・・・という状況・・・。

そんな方にお勧めしたい筍レシピ:筍のグラタンドフィノアと筍のフリットを今年はご紹介させていただきました。

 

(しかし今年はどうやら不作の年であったようで、豊かな岡山といえど「もっと筍食べたかったなぁ」なんて言う方も多いかもしれませんね。)

DSC_0933

蒜山耕藝さんからわけていただいた雪下人参は、生でいただくお料理と加熱するお料理と2種で。

上は、大根の花と人参葉を添えた「人参のカルパッチョ」。

スライスし、上質なオイルと塩だけをかけた清らかな味わいを皆さんと楽しむことができて本当に良かったと思っています。

 

何かと忙しいこの世の中、時短という言葉がもてはやされています。

すぐにできる・手間がかからないという意味ではこのような一皿は同じ類のものなのかもしれません。

 

パパッと調理をして食にありつくことは、何も悪いことではないと思いますが、

大切なことは、食べる人が幸せだということ、そして調理したものが美味しいということ。

 

時間短縮料理としての人参のカルパッチョではなく、この人参はこういう風に食べたらきっと美味しくてみんなが喜んでくれると思い作ったら、偶然手間がかからなかったという料理。

 

やはりそこにあるのは(ちょっと照れくさいけど)愛なのだと信じています。

 

食べてくれる人への・農家さんへの・そして目の前にある作物への愛 etc・・・

DSC_0874

加熱した人参もとても美味しいので2品目はピーナツバターと一緒に加熱してみました。(いかがでしたか?)

素材の味、十分に楽しんでいただくことができたのならばとても幸せです。

 

それからデザートは懐かしいババロア。

DSC_0915

「昔よく母が作ってくれました。」という方の多いこと。

かくいう私もその一人です。

五感の記憶に残る料理が作れる人に私もなってゆきたいものです。

 

ここからは、1カ月ババロアを作り続けてみた私の気づき。

「料理は否応なく変化する」ということ。

 

母の味・・・のつもりが、もうすっかり私の味です。

時代の移り変わりや、材料の違い、好みの違い、食べる人の違い、器の違い、道具の違い・・・言い出せばきりがないほど、

作る人によって料理というものは必ず変わるものなんだと。

 

母が作ってくれたババロアも好きだけれど、私が作ったババロアもとても好きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月のレッスンは、「五感を研ぎ澄ます」ということをもっと具体的にお伝えする時間としたいと思います。

viorto! は、レシピを提供する場所ではなく、暮らしを考える場所としたいと常々考えています。

料理教室なんていう名前をつけているので、少し紛らわしいかもしれませんが、私は先生ではなくて家庭の台所に立ち、みんなに料理をふるまうことが大好きなただの人です。

そんな私がきっかけで、もっともっと料理が好きになる人が増えたらうれしいです。

 

まずは素材を感じることから・・・。

 

5月もどうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

viorto! レッスンのご体験をご希望の方は、こちらまでご連絡ください→ 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_0465

3月レッスン模様。

 

瀬戸内の春を心ゆくまで楽しむ柑橘レシピがテーマ。

DSC_0565

このワンプレートの上のお料理すべてに柑橘が入っているとはおもわないでしょう?

DSC_0514

ポルペッテ(ミートボール)はレモン風味に。

そしてシチリアの家庭でするように・・・レモンの葉を添えてオーブンへ。

DSC_0717

金柑をシロップで煮るのもよろしいですが、まずはそのままもぐもぐいただきます。サラダにしても美味。

DSC_0489

こちらはココナッツとレモンのビスコッティ。

南国の香りにさわやかなレモンがよく合います。

DSC_0577

レッスン後のキッチンは、皮のないレモンだらけ。

柑橘の香り、旨み、有効成分はほとんどがその皮にあります。

果汁しか使わなかったり、飾りにしかならないなんて本当に残念。

柑橘に恵まれた瀬戸内にいるのだから、柑橘たちから「ありがとう」ってメッセージが聞こえるまで使い切りたいものです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

首都圏で育った私は、東日本大震災を機にこの土地に移りました。

同じ日本といえど生活スタイルの違いが大きく、初めて学ぶことが沢山あります。

そして今も毎日が発見や驚きの連続。

 

生まれも育ちも岡山である方からこう言われました。

「私にとって当たり前のことを先生は目を輝かせて話すことにびっくりです。」

と。

 

この豊かな日常が当たり前である今日に、私は心から感謝しています。

幸せは日常であると気が付かなかったり、ついつい忘れてしまったりするもの。

なくなってから気がつくことも多いのかもしれません。

 

この豊かさを次の世代、もっともっと先の世代にもしっかり繋げていくには、今ある幸せを再認識する必要があるのではないでしょうか。

 

外からきた私には、この土地の豊かさが宝物に見えます。

 

この宝物を一人でも多くの方と楽しみ、伝え合うのが今の私の使命なのかも、

・・・なんて思った3月でした。

 

来月4月はいよいよ本格的な春の風が食卓に届きます。

たけのこ、山菜、春の青菜、雪下人参・・・

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。

 

viorto! レッスンのご体験をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください→ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_0107

2月レッスン模様。

DSC_0145

暦上では春とは言え、一番寒さを感じる月・如月。

ぽかぽか陽気の日、冬本番の日、いろいろな日がありましたが、たくさんの方にご参加いただきました。

皆様ありがとうございました。

DSC_0222

2017年はベーシックな内容で始めています。

料理には欠かせない「油脂」についてのお話を2か月たっぷり、じっくりと・・・。

viorto! は、油だけを学ぶ教室ではないのですが・・・私たち日本人は油とのお付き合いがなかなか上手にできていない気がして、ついつい力が入ってしまう分野ではあります。

〇自分にあう油脂を選ぶ方法〇

〇選んだ油脂を美味しくいただく方法〇

美味しい食卓にはどちらも必須の知識だと考えています。

DSC_0256

私自身、2カ月じっくり油脂のことをみなさんと考えさせていただき、本当に充実した時間だったなぁと振り返っています。

「良い」「悪い」で区別するのではなくて、

「私らしい」という判断ができるようになると毎日がとても楽しくなる。

白黒はっきりつける必要もないし、時にいつもと違ったり、曖昧であってもいいと思う。

私たちは常に変化しているのですもの。

大切なことは、「自分の感性への自信」だと、いつもいつも感じています。

DSC_0269

栄養学という分野が役立つことも時にありますが、やっぱり「感じること」はかなわない。

美味しい!美しい!嬉しい!楽しい!

キラキラしたこのような感覚は、私たちを一瞬で幸せにするから。

DSC_0334

そうそう!今月は「油脂」が大きなテーマでしたが、もう一つ隠れテーマがありました。

DSC_0107

それは「小豆料理」。

岡山が大納言の産地だということを最近知りました。

新見でワインブドウを作るコルトラーダさんが手塩にかけて育てた備中大納言をお料理させていただきました。

(コルトラーダさんの2016年ワイン、もうすぐリリースだそうです。気になる方はお早目のご予約がおすすめです!!)

DSC_0275

じゃがいもと備中大納言のグラタン。

和菓子だけではなく、もっと広くお料理に使っていけたらとご提案をさせていただきました。

皆さんの笑顔が見られて、ほっと一安心。

暮らしとつながる料理をもっともっと楽しんでいきたい、そう強く思います。

 

来月は、瀬戸内の恵み・柑橘を、南イタリアのお料理とともにたっぷりとご紹介します。

ご参加心より楽しみにお待ちしております。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

viorto! レッスンのご体験をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください→ 

 

 

 


DSC_0176

「週末はどっさりと雪が降るよ。」

というお天気予報通り、山陰地方・日本海沿岸は真っ白の週末となりました。

そんな中、毎年恒例の味噌つくりの会を無事に終了いたしました。

DSC_0168

雪道の中、お車で・バスでお越しくださいました皆様ありがとうございました。

高速道路が閉鎖された区間があったため、やむを得ずご参加できなかった皆様、残念でしたがまた来年のお越しを楽しみにしております。

 

西日本でも屈指の雪国である「蒜山」でわざわざ冬にお味噌つくりの会を開催するのには、たくさんの理由があります。

 

〇味噌はゆっくり発酵させたほうが美味しくなります。寒い季節に仕込むことで走り出しはゆっくりじっくりと麹菌に働いてもらうため。

〇秋に収穫したばかりのお米や大豆を原料として使うことができるため。

〇農閑期であるこの季節。お米や大豆の生産者とゆったりと共にお味噌を仕込むため。

〇大豆を炊く水も美味しい山の水で。

〇美しい雪景色を見ながら仕込んだお味噌は素敵な思い出になり、毎朝のお味噌汁をいただく際に、きっとそんな光景がお味噌汁の旨みに加わることを思って。

などなど・・・

 

大雪予報にハラハラしながらも、viorto! のお味噌つくりの会は、来年も再来年もやっぱり冬の蒜山くどで開催したいと強く思っています。

荒天と言われつつも、くどの窓から見る外の景色は言葉に尽くせないほど美しく、また雪が少ない光を集め、差し伸べてくれました。

DSC_0176

それぞれの方が、とても穏やかに、楽しそうに、原料と向き合ってお味噌を仕込まれていました。

みんながキラキラしていて、私はその光景に引き込まれてしまったほど。

DSC_0171

viorto! が伝えたい豊かな暮らしのすべてがそこにありました。

 

皆様、ご参加いただきまして本当にありがとうございます。

そして、お米と大豆を育ててくださった蒜山耕藝のお二人、お手伝いしてくださったお豆腐職人の松井さん、

杉樽を提供してくださった司製樽の原田さん、本当に本当にありがとうございました。