viorto!
Blog&News ブログとお知らせ
_H5O5708

陽ざし眩しい10月のとある日、新見でワイン用のぶどうを作っている COLTRADA(コルトラーダ)さんのリーフレットの撮影のお仕事をさせていただきました。

COLTRADA 保坂夫妻との出会いは移住直後。

保坂夫妻の方が少し早く岡山県北の新見市に引っ越し、ワインを作るべくブドウ畑を開墾していました。

11401277_888132491269822_1466321047175155693_n

イタリア料理が大好きな私と、ワインが大好きな保坂さん。

イタリア料理にはワインが欠かせないというのと同じように、保坂さんなくしてはviorto!の今がないと断言できるくらい、影ながら大きな存在としてviorto!の4年を陰で支えてきてくれた方です。

 

特に奥様の道子さんは、「食と暮らしのものさし作り講座」の講師として、本当にたくさんのことを今もずっと教えてくださっています。

 

「ゆかりさんは本当にいろいろなことを知っていますね。」と、たまにほめてくださる方がいらっしゃいますが、それは道子さんが何年もかけて現場で学び、感じたことを、溢れる水のように惜しみなく私に伝えてくださるから、なのです。

姉妹のいない私は、道子さんを「お姉さん」だと勝手に思い込んでいます。

 

前置きはさておき・・・その保坂夫妻が3年前に植えたメルローの苗がグングン育ち、今年初めてワインとなって私たちの目の前に現れました。

「ゆかりさんのお料理に合うような、ワインを作るよ。」と 何度も話してくれた道子さん。

 

光栄なことに、2015年9月に仕込んだワインのリーフレット用にと、viorto!のスタジオでの撮影を依頼してくださいました。(ワインは2016年の春に出来上がるそうです)

_H5O5708

素敵な写真は、viorto!でもいつもお世話になっている加藤晋平さん。

初めていただくCOLTRADAのワインは、イタリアの農園でいただくような馨しく温かみのある味わい。

これがファーストリリースだと言ったら、だれもが疑うほどの素晴らしい香り、色、そしてバランスのとれた味。

撮影の日は、ほかにも何本も他社のワインを揃えてあったのですが、ひいき目なしでCOLTRADAが金メダルでした。

 

昨年仕込んだワインはほんの50本足らず。

その中の1本をこの日開けました。ほんとうに大切な1本です。

11800140_917303155019422_4863096868480442575_n

4年間、ブドウのためだけを想って暮らしてきたお二人の新たなスタート。

保坂さん、本当に本当におめでとうございます。

 

素晴らしいワインとのマリアージュの仕事。

これからも、こんな機会がたくさん増えたら嬉しいな、と思います。

 

 

 

*COLTRADAの2014年のワインは会員向けのみの販売でした。

彼らのワインにご興味がある方はviorto!までお問い合わせくださればお繋ぎいたします。

美味しいワインが好きな方に一人でも多く味わっていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 


DSC_0447_533

この秋も、公私ともにイベントが目白押し。

クッキングスタジオを飛び出して、たくさんの皆様の前でお料理をさせていただく機会をたくさんいただいております。

順次ご案内していければ…と思っておりますが、まずは10月22日~24日に天満屋岡山店にて開催される「円山マルシェ」。

円山やキューティーパイ倶楽部などで開催されていましたが、今回はなんと天満屋がステージだそうです!

 

viorto! が提案するのは、畑のスープ2種。

 

・蒜山耕藝の旨みあふれる自然栽培大豆と人参葉をつかったベーコン風味のクリアスープ

・高知 フヌイユ農園の白インゲン豆をつかったなめらかポタージュスープ

 

DSC_0448_532

どちらのスープも野菜を作る人の想いをみんなの心と繋げる、シンプルながらも力強い味わいです。

 

今回、スープをご提供するにあたって、どんなものを作ろうかと実はずっとあたまを悩ませておりました。

8月までは、「かぼちゃ」の黄色いスープで妄想が膨らんでいたのですが、9月に入って蒜山耕藝さんからの突然のメッセージ。

 

<8月末の台風でかぼちゃの苗が根元から折れてしまったものが、どうしても復活してくれませんでした。>

 

蒜山耕藝のかぼちゃといえば、viorto! のみんなも種取りに参加しているかぼちゃ。

皆の想いの甲斐があり、春の発芽率は100%というお知らせをいただき、大興奮していたところだったのです。

幸い、全てがだめになってしまったわけではなく、いくつかは生き延びてくれて先日の料理教室では、サラダやデザートに使わせていただくことができたのですが・・・。

マルシェとなると、量が足りません。

 

DSC_0422_543

「どんなスープにしようかな。」

蒜山での料理教室の後に賄いでも作ろうとレッスンで余った大豆と持っていたベーコンを煮込んでいたところ、

「端境期の10月に収穫できる野菜は、数知れているよ」と蒜山耕藝の絵里香さん。

 

そして、大豆とベーコンの賄いをいただく私たち・・・。

「おいしい!!!!」

私たち二人は意気投合で、

「この大豆を使ったシンプルなスープを一人でも多くの方に味見してもらいたい。」

という思いでいっぱいになりました。

 

作り手の想いがたっぷり入ったスープ。

viorto!は、スープのクッキングデモンストレーションを11時半~・13時~に開催いたします。

おうちでも同じスープを作っていただけるよう、野菜の旨みをひきだすヒントをお伝えしたいと思います。

 

蒜山耕藝さんたちは稲刈りの最中のため天満屋にはいらっしゃいませんが、

野菜や加工品は、viorto!のブースでご購入いただけます。

質問などありましたら、しっかりお答えできますので、ぜひお声かけくださいね。

 

そして、白インゲン豆をご提供くださるフヌイユ農園さんとは私は初対面!

それはそれは楽しみにしております。マルシェのご縁で素敵な作り手さんに出会えることがとても楽しみでなりません!

 

もちろん!みなさまとお会いしてお話ができることも心より楽しみにしております。

*viorto!の出店は22日・24日の2日間です。

 

 

円山マルシェ in てんまや http://satelier.exblog.jp/22221627/

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_0256_513

いつもよりちょぴり早い秋が来た今年の9月。

涼しい空気に負けずに、頑張ってくれた夏野菜と、「お久しぶり」の秋野菜のハーモニー。

夏と秋の両方を楽しめる9月らしいレッスンを楽しみました。

 

秋も元気な茄子は、2品のお料理に変身。

DSC_0219_497

実は白いポタージュスープに。

DSC_0245_502

皮は千切りして醤油麹風味のきんぴらに。

DSC_0224_498

 

 

蒜山耕藝から到着した加工用トマトは、チキンのトマト煮にします。

DSC_0242_501

こちらは煮込む前の写真。

チキンはイタリアのおばあちゃんに教わったように、「あくぬき」をしてじっくり煮込みました。

まさに家庭の味。

 

 

デザートには、新鮮な無花果とアールグレーの風味を生かしたカップケーキを。

DSC_0251_504

簡単だけれど、美味しく焼きあがりました。

DSC_0186_483

 

 

その他、島根の反田さんのごぼうを使った牛蒡ソースのパスタや、宮崎県川越さんの里芋のフライなど、

美味しい根菜も届き、素材を生かすシンプルな調理法で美味しく美味しくいただきました。

DSC_0284_507

 

 

わたしも・・・9月のすべてのレッスンが終わった先日、自家用のトマトの水煮をつくりました。

DSC_0466_549

毎年、この仕事が終わると、「夏もおしまい。」とけじめがつくような気がします。

 

 

そして、10月の到来。

首都圏に住んでいたころは、10月となると美味しいものがたくさん収穫できるんだ!と思い込んでいたところがありましたが、

10月の岡山は端境期をむかえている農家さんが多いですね。

トマトも茄子も終わり、人参や葉野菜は成長中の10月。

夏の終わりに収穫したカボチャやお芋が、メインになります。

viorto! の10月のレッスンは、日本の風土のリズムに逆らうことない自然な食卓をご提案したいと思っております。

今日いただける食物に感謝して、美味しい食欲の秋を迎えます。

 

宮崎より、美味しいあのお野菜も到着予定・・・。

皆様どうぞお楽しみに・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

10月レギュラーレッスンのご案内はこちら→ ☆ 

初めての方も、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 


DSC_0439_534

極上のお天気に恵まれた秋の休日。

「蒜山の秋を愛でるイタリア家庭料理の会」を開催させていただきました。

 

DSC_0457_528

端境期のこの季節。

一番の心配は、メインの「なつのこま」「すずこま」たちが9月末まで赤い実をつけてくれるか、ということでしたが・・・

DSC_0433_536

トマトソースとトマトの水煮に美味しく変身してくれました。

お天気の後押し、そして野菜たちや農家さんが頑張ってくれたおかげ。

DSC_0439_534

皆で作り上げたトマトの水煮瓶詰。

夢にまで見たこの光景が目の前にあるということに感謝。

 

トマト以外のお野菜たち・・・茄子も、キュウリも、かぼちゃも、この日のためにしっかり実をつけてくれました。

DSC_0422_543

特に、先月末の台風で茎をおられてしまった生育が止まってしまったかぼちゃたちの中で、生き延びてくれたこのviorto! かぼちゃ には、敬意を表せずにはいられません。

包丁を入れる前に記念撮影。来年も美味しいかぼちゃになりますように・・・。

 

そして・・・

DSC_0435_535

出来上がった至福のプレート。

 

野菜を作る人も、料理をした人も、そして集まってくださった人も、みんなで顔を合わせて「美味しいね」と笑いあい、

そして、それぞれが、それぞれに「ありがとう。」「ありがとう。」と伝え合う。

 

みんながみんな、「ありがとう」の存在。

だれが上位であるわけでもなく、だれが偉いわけでもなく、みんながそれぞれの素晴らしい役割を果たして、支え合って、喜びあう。

 

伝えるヨロコビをくださった、蒜山耕藝の3人、そしてご参加くださったみなさま、ほんとうに素敵な秋の一日をありがとうございます。

 

きっとこの3人の生産者は、これからもっともっと美味しいお野菜やお米を作ってくれることと思います。

私もその想いに寄り添う仕事をしていきたいと思います。

 

viorto! @蒜山耕藝くど の次回は、雪降る冬の一日に・・・。

スタットレスタイヤのご用意をしておいてくださいネ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_2423_350

じりじり暑い日差しに負けないように!!と心して挑んだ夏。

お盆を過ぎると朝晩が過ごしやすくなり、台風たちが一気に秋の空を連れてきてくれました。

子どもたちにとってはうれしい夏休みの8月。

みなさまはいかがお過ごしになられましたか?

 

8月のレギュラーレッスンでは、美味しい夏野菜たちをふんだんに使ったシンプル料理をたくさんご紹介いたしました。

DSC_2378_351

茄子、ザクザク切ります。

DSC_2399_465

ゴーヤはワタをくりぬいてスライス。

DSC_2384_342

熟したトマトはそのままトマトソースに。

パプリカも、玉ねぎも、ミョウガも、たっぷりと。

そして出来上がったお料理は・・・

DSC_2418_466

イタリア風カレーそぼろ。

DSC_2436_340

ゴーヤとみょうがのマリネ。

DSC_2423_350

桃とルッコラのサラダ。

DSC_2402_352

お教室のみんなが大好きな deRien 酵母のピタパン。

DSC_2478_468

醤油麹とガルムのリングイネ。

DSC_2276_306

 

茄子の重ね焼き。

DSC_2484_472

夏のデザートは、先日お会いした秋月の廣久本葛をつかったココナッツミルクの葛餅。

 

あついあつい夏だからこそ、体の声に耳を澄ますことが大切。

 

夏の野菜をいただくこと。

体を冷やしすぎないこと。

でもおいしいものは我慢しないこと・・・。笑

 

私たちの心と体はつながっています。

体のことも、心のことも、それぞれの声にバランスよく耳を傾ける。

私はそのバランスも大事だと思って、日常を送っています。

 

夏と秋が交錯する月、9月が始まりました。

まだまだ元気な夏野菜、お久しぶりの秋冬野菜ハーモニーを楽しむレッスンが始まります。

自然に調和する暮らしのヒント、viorto! で一緒に学びませんか?

 

 

*9月レギュラーレッスンのお知らせ → こちら

*9月23日(祝) 蒜山の秋を愛でるイタリア家庭料理の会 → こちら

*9月26日(土) 第4回オイルと粉のベーシックレッスンⅠ → こちら