viorto!
Blog&News ブログとお知らせ
DSC_0829_585

11月のレギュラーレッスンが終了しました。

ご参加いただきました皆様本当にありがとうござました。

DSC_0833_584

蒜山耕藝さんから大根と人参。

みつ有機組合さんからレタスや春菊、お米。

宮崎県の川越さんからは新生姜。

美味しいお野菜がたくさん到着した11月は、まさに収穫の秋。

DSC_0816_577

ふわふわのポルペッテ(ミートボール)は、豆乳とオリーブオイルを使ったベシャメルソースで煮込みに。

DSC_0822_581

ドキドキするカラメルつくりはサツマイモプリンの仕上げに。

DSC_0839_586

11月は、重ね煮の料理教室を開催したこともあり、私自身「イタリア」家庭料理というテーマを色濃く感じるレッスンとなりました。

 

料理教室を主宰しているというと、何料理ですか?とよく尋ねられるのですが、

最近のviorto!は、特に○○料理というテーマの中でメニューを決めているわけではなく、

その時に一番おいしいお野菜を目の前にある調味料の力を借りながら美味しくする、ということを念頭に置いています。

 

「オリーブオイルを使うんだけれど、お醤油もお味噌も麹も使ったりします。」

最近はそんな風に答えることが多いかもしれません。

 

しかし重ね煮を体験することで、

「ああ、私の料理はイタリアの文化に強く影響されているんだな。」

と感じるようになりました。

 

油の使い方は言うまでもないのですが、

野菜の選び方やその使い方、なども、です。

 

「自分らしい」という型すら作るのはまだまだ勿体ないと思っています。

 

丁寧な暮らしを教えてくれた母の料理、大人になってからであったイタリア文化、そして岡山でこうしてお会いする美味しい食材や素敵な方がたとのいろいろな交わりを楽しみながら、

12月もviorto!の料理を作り上げていこうと思います。

 

 


DSC_0890_598

8月にお邪魔しました 岡山県高梁市の「wara倶楽無」以来のご縁、

重ね煮料理研究家の戸練ミナさんをお迎えし、お料理教室を開催いたしました。

 

重ね煮とは・・・丁寧に下ごしらえしたお野菜たちをお鍋の底から順々に重ねて、じっくり加熱をし野菜の旨みを引き出す調理方法。

 

私がイタリアで学んだ「オリーブオイルを使って野菜の旨みをじっくり引き出す調理方法」と、なんとなく雰囲気が似ている。とずっと気になっていた調理法です。

 

wara倶楽無で、「イタリア家庭料理」に共感をもってくださった戸練さん。

大変光栄なことに、それ以来、はるばる長野県よりviorto!のレッスンに参加してくださっている中、

「私も戸練さんのお料理をいただきたい!」と食いしん坊魂に火が付き(!)、お忙しいところ承知で特別に開催していただいた特別レッスンでした。

DSC_0879_595

戸練さんのお料理は、自然への愛があふれんばかり。

DSC_0886_597

目の前のお野菜と、どのように育ってきたのかな?と会話をします。

そして、ちゃんとお野菜たちはそれにこたえるのです。

私もこの日以来、戸練さんの熱い想いが、ビビっと染み渡り、

より野菜や食材たちの声を聴けるようになりました。

DSC_0890_598

この日は基本の重ね煮をご伝授。

きのこ、たまねぎ、人参のハーモニーをさまざまなお料理に応用して楽しみました。

 

重ね煮というくらいですから、この調理法ではさまざまな野菜が一度にお鍋の中に入ります。

戸練さんも「はあも煮」と表現されている通り、それぞれが調和しつつ旨みを引き出します。

 

今回は和食の提案をしていただきましたが、私の大好きなオリーブオイルである「オルチョ」もしっかりそれぞれのお野菜と仲良しになり、

ほっぺた落ちる和の食卓を引き立ててくれたことが、とてもうれしかったことの一つ。

 

重ね煮の戸練ミナさん、イタリア家庭料理を基本としている私。

 

似ているようで似ていない、

ん?正反対!と思うこともしばしば。

しかしながら、根本が同じこの二つの料理。

 

じっくり考えていくと、本当に面白い・・・。

 

重ね煮とのご縁、これからますます深まっていきそうな予感。

 

それぞれの良いところをどんどん生かし、よりおいしい食卓をつなげていきたいと心から思います。

 

ミナさん、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 


DSC_0562_564

10月のレギュラーレッスン模様。

端境期の10月は、自然のリズムで無理をしない食卓。

DSC_0536_560

キノコや玉ねぎ、美味しいベーコンの旨みをオリーブオイルでじっくり加熱。

最大限に素材の力を引き出したら、大豆をゆで汁ごと加えます。

DSC_0538_559

大豆は、私たち日本人にはとても大切な野菜の一つ。

お味噌やお醤油、お豆腐などに形を変え、毎日のように食卓に上がりますが、

こんな風にお豆そのものを味わう機会が増えてもたのしいですね。

シンプルな旨みは和洋問わず、いろいろな味付けをして楽しむことができます。

 

また、ドルチェはちょっと頑張ってカスタードクリームつくりから。

DSC_0515_561

丁寧に作ったクリームは、きれいな卵色をした優しい甘さ。

DSC_0539_562

生地になるピッツァが発酵したら、

DSC_0549_563

たっぷりとカスタードをぬります。

DSC_0562_564

美味しい旬のリンゴとシナモンをおともにアツアツのオーブンへ・・・。

 

DSC_0570_566

10月らしいイタリアンデザート。

手間をかけた分、心から温かくなるおいしさ。

 

「手間」という言葉。

手を使い、時間を使うということ。

 

食だけでなく、手間がかかっているものは、美しく、温かいもの。

 

私自身も、手間をかけられる人でありたいな、と思います。

 

 

 

11月レッスンのご案内はこちら→

 

 

 

 


1972258_954479474635123_5471160503428195770_n

オーガニックコットンの下着などを取り扱う 広島「marru」の代表取締役 櫻木直美さんをお迎えして、

「布ナプキン ちくちくの会」 を開催いたしました。

1972258_954479474635123_5471160503428195770_n

viorto! は、暮らしとつながる料理教室・・・という教室名の通り、

「衣食住」それぞれが同等で、この3つのバランスが調和する暮らしが大切。と日頃から考えています。

 

というわけで、念願の「布ナプキン」をテーマにした講座を開催させていただきました。

講師は、広島市中区の「marru」(マアル)の櫻木直美さん。

12088495_954479457968458_3818760534814580840_n

このとっても素敵な笑顔の彼女は、30代になり突然アトピー性皮膚炎が発症したというご経験の持ち主。

ご自身の体験から、「体に優しいもの」「体に心地よいもの」を夢中で探求していたら、

オーガニックコットンの下着の会社ができていた。そうです。

 

五感で感じる「気持ちよさ」や、昔からの言い伝えは、結果的に医学的にも正しいと裏づけがあることが多く、うんうんと納得すること、目から鱗のお話などをたくさん聞かせていただきました。

まずは自分のライフスタイルに無理のない範囲で心地よい暮らしを提案していきたい。と朗らかにお話する笑顔が印象的です。

 

一通り、布ナプキンの心地よさのお話を聞いた後には、みんなで一針一針心を込めてちくちくする時間。

12122543_954479227968481_1033562904644509238_n

この秋にmarruからデビューするオーガニックコットンの布ナプキンの生地だそうです。

布ナプキンを使ってみたい方、お嬢さんたちに伝えたいというお母さん方、たくさんの方が集まってくださいました。

 

今あるこの私たちの体は、決して自分だけのものではありません。

先祖代々ずっと繋がってきた種、そして、次の世代へ渡すもの。

自分を大切にすることが、みんなを愛することに繋がるのですね。

着るものも、食べるものも、暮らし方も、も自分の心地よさを求めいくことは決して贅沢ではありません。

 

「衣」が専門の櫻木さん。

「食」が専門のviorto! 。

 

「着ること」も「食べること」も、どちらも大切にできる人が、どんどん増えていくように頑張ってゆこうね。とお話をしました。

 

marruさんの「衣」の講座。

まだまだ聞きたいお話は盛りだくさん。

また寒くなった頃、viorto!にお越しいただこうと思います。

 

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

 

 

* 布ナプキンちくちくの会は、viorto!会員向けのスペシャルレッスンとして開催いたしました。

 

 

 

 

 


_H5O5708

陽ざし眩しい10月のとある日、新見でワイン用のぶどうを作っている COLTRADA(コルトラーダ)さんのリーフレットの撮影のお仕事をさせていただきました。

COLTRADA 保坂夫妻との出会いは移住直後。

保坂夫妻の方が少し早く岡山県北の新見市に引っ越し、ワインを作るべくブドウ畑を開墾していました。

11401277_888132491269822_1466321047175155693_n

イタリア料理が大好きな私と、ワインが大好きな保坂さん。

イタリア料理にはワインが欠かせないというのと同じように、保坂さんなくしてはviorto!の今がないと断言できるくらい、影ながら大きな存在としてviorto!の4年を陰で支えてきてくれた方です。

 

特に奥様の道子さんは、「食と暮らしのものさし作り講座」の講師として、本当にたくさんのことを今もずっと教えてくださっています。

 

「ゆかりさんは本当にいろいろなことを知っていますね。」と、たまにほめてくださる方がいらっしゃいますが、それは道子さんが何年もかけて現場で学び、感じたことを、溢れる水のように惜しみなく私に伝えてくださるから、なのです。

姉妹のいない私は、道子さんを「お姉さん」だと勝手に思い込んでいます。

 

前置きはさておき・・・その保坂夫妻が3年前に植えたメルローの苗がグングン育ち、今年初めてワインとなって私たちの目の前に現れました。

「ゆかりさんのお料理に合うような、ワインを作るよ。」と 何度も話してくれた道子さん。

 

光栄なことに、2015年9月に仕込んだワインのリーフレット用にと、viorto!のスタジオでの撮影を依頼してくださいました。(ワインは2016年の春に出来上がるそうです)

_H5O5708

素敵な写真は、viorto!でもいつもお世話になっている加藤晋平さん。

初めていただくCOLTRADAのワインは、イタリアの農園でいただくような馨しく温かみのある味わい。

これがファーストリリースだと言ったら、だれもが疑うほどの素晴らしい香り、色、そしてバランスのとれた味。

撮影の日は、ほかにも何本も他社のワインを揃えてあったのですが、ひいき目なしでCOLTRADAが金メダルでした。

 

昨年仕込んだワインはほんの50本足らず。

その中の1本をこの日開けました。ほんとうに大切な1本です。

11800140_917303155019422_4863096868480442575_n

4年間、ブドウのためだけを想って暮らしてきたお二人の新たなスタート。

保坂さん、本当に本当におめでとうございます。

 

素晴らしいワインとのマリアージュの仕事。

これからも、こんな機会がたくさん増えたら嬉しいな、と思います。

 

 

 

*COLTRADAの2014年のワインは会員向けのみの販売でした。

彼らのワインにご興味がある方はviorto!までお問い合わせくださればお繋ぎいたします。

美味しいワインが好きな方に一人でも多く味わっていただけたら嬉しいです。