viorto!
Blog&News ブログとお知らせ
DSC_1110

6月のレギュラーレッスンが終わりました。

梅雨らしい毎日が続きましたが、ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

DSC_1090

「ごはんにあう体に優しいおかず」

をテーマにした6月のレッスン。お楽しみいただけましたか??

DSC_1042

新玉ねぎまるごとスープは、オリーブオイルの力を最大限に生かした調理法で。

DSC_1057

イワシのパイは、イタリア家庭料理の定番。

焼きたての香ばしさとハーブの味わいも美味しさの秘密。

DSC_1063

おからのサラダ。

生のおからをたっぷりいただくことのできるヘルシーサラダ。

DSC_1096

ひよこ豆たっぷりのごはんは、viorto! のお気に入りの組み合わせ。

DSC_1110

このプレートの上に乗っている全てのお料理にオリーブオイルまたはごま油がたっぷり使われれています。

油は体に必要なもの。美味しい油を選び、正しく使うことで、油は油っぽい?とよく言われるような嫌な味はしません。

 

イタリア家庭料理で習った油の使い方や野菜のうまみの引き出し方を、

和の食文化と無理なく融合させるレシピが、私は好きです。

 

20代のころは、イタリア家庭料理に心酔するあまり、イタリアンなのか和食なのかわからないような料理を作ることも、いただくことも、実はあまり好みませんでした。

でも岡山に住むようになってから、ゆったりとした心で「文化」を受け入れることができるようになりました。

これは、農家さんや生産者さんと近い距離で接するようになったからかもしれません。

 

美味しいものをより美味しく。

 

viorto! はこんな気持ちでいつもレシピを作っています。

 

7月に入りました。

今月もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 


DSC_1163

寺園証太さんの岡山初個展 が開催されています。

@ゆくり(岡山市北区撫川)http://hibiyukuri.exblog.jp/

DSC_1162

今回、viorto! も寺園さんのお友達ということで、

彼のかっこいい器でイタリア家庭料理をご紹介するレッスンを開催させていただきました。

DSC_1063

そう、寺園さんは、viorto! のレッスンで使わせていただいている備前焼の作家さんなのです。

6月レッスンで使用したこちらのボウルも何と備前焼!

サラダやフルーツを和えたり、パスタをもったり、ビールを冷やしたり、花器として使ったり…。

とにかく万能で美しいデザインです。

DSC_1163

そして、この展示では新作もお目見え!

信楽焼で使われる土を使い、備前焼の窯で焼いた白味を帯びた器たち。

見た目はもちろん、触った感じや重量感も備前焼のそれとは違うのですが、それでも証太さんが焼いたとわかる、個性あふれる作品に仕上がっていました。

備前焼というと、

和風のイメージが強かったり、重さがちょっと…という方もいらっしゃるのですが、いい意味でそれを裏切るのが寺園さんです。

DSC_1151

イタリア料理(写真はレッスン時ではなくまかない風景)や、コーヒーにもぴったりあう器たち。

会期はまだ続きますので、ぜひ皆様の手で取っていただけましたら光栄です。

 

ゆくりさんでのレッスンにご参加くださったみなさまありがとうございました。

レッスンにいつも参加してくださるゆくりさんだからこそできる安心感のあるイベントとなりました。

安田さん、本当にありがとうございます。

 

 

 

 


view_image14

料理教室の仕事は、レッスンだけにあらず。

レシピつくり、撮影、ホームページの更新、食材探しや発注、買い出し、準備、掃除、片づけ、皆様とのメールの送受信・・・などなど書ききれない仕事量のなか、バタバタ喜劇の毎日。

 

あまりの忙しさにすっかりPCに向かう時間が取れなかったのですが、

そんな中でも、少しずつ時間配分のようなものがわかってきたので、日々のブログ更新もたまにはしていけたらなぁと思っています。

 

最近、viorto! のホームページ画像や、DMを一新してみました。

黄色い背景の玉ねぎたちがお皿にすとんとお座りしている写真です。

 

もう、ご覧いただけましたでしょうか?

 

暮らしとつながる料理教室viorto! は、

〈調理やレシピを習う場所〉だけではなく、〈食を通して暮らしや社会を考える気づきの場所〉という一面がある。

という、デザイナー岡野さん hi hoo farm からの嬉しいご意見や、

〈ありのままの姿を見せるのがviorto! らしさなのではないか〉

という カメラマン加藤さん kato shinpei photo からの率直なご意見などを取り入れたシンプルな出来上がりになりました。

 

viorto! で出会った野菜たちが、それぞれの良さを発揮して、美味しい料理に代わっていく姿を想像していただけましたら、と思います。

 

DMは、私がよくいくカフェやショップ、生産者さんのもとに置かせていただいております。

(置いてくださるショップも大募集中です♪)

どこかでお目にかかることがありましたら、裏面に簡単なレシピがかいてありますので参考にしていただけたら光栄です。

 

ブログトップの写真も当日撮っていただいたものの一つ。

大きくごつごつした私の手を、〈働く綺麗な手〉といつも褒めてくれる彼らは、愛すべき友人たちです。

 

また、こまめにブログを更新できたらいいな、と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_0956

5月レギュラーレッスン模様。

DSC_0962

新緑の季節は、豆尽くしのレッスン。

DSC_0897

家庭料理だからこそ手間暇を惜しまずに・・・

DSC_0920

手打ちパスタでラザニアつくり。

DSC_0956

じゃーーーーーん!!!

と言いたくなる(笑)アスパラガスをふんだんに使ったラザニアや・・・

DSC_0910

瀬戸内の鰆を直火であぶった、鰆のたたき イタリア風。

DSC_0953

コーヒーのおともにぴったりのフロランタン。

DSC_0970

5月は皆さんのお手伝いがあってこその、贅沢イタリア家庭料理ランチとなりました。

お手伝い、ありがとうございました!

 

6月は、初夏にむけて、「体に優しいごはんいあうおかず」がテーマです。

イタリア食材を和のものと合わせたり、

和の調味料をオリーブオイルとともにいただいたり、

viorto! ならではの、家庭料理をご紹介したいと思っております。

 

6月もどうぞよろしくお願いいたします。

 


DSC_0777

4月レッスン模様。

 

岡山の4月といえば、なんといっても筍です。

DSC_0746

というわけで、デザート以外のお料理にはすべて筍を使ってみよう!

というテーマで開催させていただきました。

DSC_0796

パスタには、みじん切りの筍と桜えびとルッコラ。

DSC_0777

ピッツァにも筍!

生ハムを添えて、味わいや色合いを華やかに。

DSC_0782そのほか、筍いりのクラムチャウダーや、筍のマリネなど・・・・(なんと下茹でなし!)

それぞれのお料理で、筍が主役になったり、わき役に回ったり、筍の力を十二分に生かしたと思います。

DSC_0804

お味はいかがでしたか?

DSC_0763

デザートには、この春の一押し!

アサクラさんの古代小麦ファッロを使ったクレープ。

粉の味がしっかりしているから、とても簡単なレシピで焼き上げることができます。

焼いている様子も、粉が生きているようにぷくぷくしていて可愛い。

DSC_0810

瀬戸内らしくレモンカードとともにいただきました。

イタリア、特に南イタリアは、どこに行ってもレモンだらけのレモン大国。

こんな時、やっぱり瀬戸内はイタリアに似ているなぁと思ったりします。

 

さて、来月は緑の豆や野菜たちが大集合!

イタリア家庭料理をちょっとだけviorto! 風にアレンジして、美味しいお料理にしていきたいと思います。

 

みなさま、ぜひ楽しみにしていてくださいね。

初めての方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。