viorto!
Blog&News ブログとお知らせ

8月も残すところあと2日。

充実した夏を過ごさせていただいております。

8月のすべてのレッスンを昨日終えて、事務仕事や片付けが山積みの中、私の息抜きになっているトマトしごと。

岡山に移ってから5度目の夏。

岡山の豊かさあって、毎年このようにトマトを瓶詰めさせていただいています。

DSC_1449

これはトマトを丸ごとびんづめにしたもの。

いわゆる〈トマトの水煮〉。

一般的には缶詰に入っているものをよく見ます。

自然界にはトマトは冬にはありません。

夏の野菜ですから、冬は食べなくてもよい野菜なのかもしれません。

でも・・・冬においしい根菜類や煮込み料理にトマトの瓶詰めは欠かせないのです。

食いしん坊のわがままなのかもしれません・・・

自分の手を動かし、自然に感謝していただき、みんながハッピーになるわがまま。

こんなわがままなら、きっとお天道様も笑って許してくださるでしょう!

DSC_1780

今日は事務仕事の傍ら、トマトをつぶしてソースを作ってみました。

トマトのない季節でも、以下においしくトマトをいただくかということをいつもいつも考えています。(食いしん坊ですから!)

DSC_1782

イタリアで買った、こんな道具もこの季節は大活躍です。

部屋中が良い香りに包まれ・・・、

主人からは「何作ってるの?」と聞かれましたが・・・、

「保存用です。」(笑)

DSC_1787

冬でも、忙しくても、このトマトソースさえ保存しておけば・・・と妄想が膨らみます。

今週末は、シーズン最後!のトマトの瓶詰ワークショップを蒜山耕藝くどにて開催いたします。

 

まだまだたくさん収穫できているようなので、

トマトの丸ごとの瓶詰とトマトソースの瓶詰と両方を作ってみることにしたいと思います。

保存用ですから、いつも作るトマトソースとは少しちがうレシピで作ります。

保存することを念頭においたスペシャルトマトソース。

しかも農家さんのもとでとれたてを使うなんて、本当に幸せなひと時になるかと思います。

 

トマトの量やお席に限りがありますので、気になる方は是非お早めのご予約がおすすめです。

 

冬は味噌、春は梅干し、夏はトマト・・・と、日本の四季の台所しごとにトマトが欠かせなくなることでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レッスンの詳細は、こちらをご覧ください

 


DSC_1388

1年半ほど前に参加させていただいた  local food heroes okayama で知り合った〈みつ有機組合〉さんは、

岡山市内より、北へ30分ほど車を走らせてところでおじいさんの代から有機農業を続ける素敵な農家さんです。

一年をとおして、我が家、そしてviorto! の野菜は、そのほとんどをみつ有機組合さんにお願いしています。

 

彼らのお野菜の第一印象は、

〈美しい〉〈丁寧〉〈農業を心の底から楽しんでいる〉。

 

みつさんのお野菜をいただくとすれば、四季折々の野菜をふんだんに使ったサラダ が一番好きかも!と、

素直に感じるほど、生でいただく野菜たちがとても美味しく、また生き生きしているのです。

DSC_1388

ご自身の田んぼと隣接する畑には、可愛いカエルたちがたくさん。

ずっとずっと農薬や化学肥料を使ずに自然とともに暮らしてこられた証。

今ではオーガニック野菜というとよいイメージが強いですが、30年前は〈変わり者〉とレッテルを張られて苦しい時代もあったようです。

DSC_1404

美しい花を咲かせている茄子と結果したての赤ちゃん。

DSC_1392

ミニトマトの種類もたくさん。甘いのはもちろんなのですが、その甘味に嫌味がなく清らかです。

DSC_1402

そしてイタリアの加工用トマトの代表ともいえるサンマルツァーノ。

何度かこのブログにも書いていますが、今年はトマトにとって厳しい夏のようです。

そんな中、しっかり実をつけるこのトマトたちの力強さに脱帽です。

 

一年の中には端境期といって、野菜があまりとれない時期が必ずあるのですが、

それでも必ず何種類かのお野菜を収穫できるように入念に計画して作付けをされています。

 

私は何度みつさんに助けていただいたのだろう、という感謝の気持ちが、

この夏は特に強く湧き上がっています。

 

自然に向き合って、真面目に作物を作ってくれる人は本当に偉大です。

 

私たち消費者も五感を研ぎすまして、自然を感じ、そして生産者の声にしっかり耳を傾けなくては、と考えています。

 

野菜が、食べ物が、いつでも手に入ることは当たり前のことではありません。

その裏で、一生懸命動いている方がいることを忘れずに・・・。

今日も感謝の気持ちを込めてお料理をしたいと思います。

 

 

 


DSC_1449

岡山の夏は暑い、とよく言われますが、

まさに8月生まれ、夏女の私は「夏はどこもこんなもんかな?」と思いながら、毎日楽しく美味しく過ごしています。

 

私の生まれた東京の夏と明らかに違うことは、

四方が山に囲まれているため、目に見える緑が多く、爽やか。

朝から鳴いているセミたちの種類のほとんどがクマゼミであるからか、アブラゼミに比べるととっても涼しげです。(笑)

そして何より、野菜やフルーツが美味しい!

岡山といえば桃が有名ですが、夏野菜もそれはそれは美味しい。

晴れの国と呼ばれる所以です。

 

この夏も、トマトやナスをふんだんに使ったお料理をさせていただきます。

DSC_1447

特に、毎年大好評の〈トマトの水煮〉ワークショップは、とても楽しいひと時です。

エプロンとお手拭きをお忘れなくご持参くださいね。

(今年は、岡山でのトマト水煮ワークショップは教室のみの開催となりますので、やってみたいな!というかたは是非お問い合わせください!お席わずかです。)

DSC_1448

今年は春の気温が低かったり雨が多かったりしたせいで、岡山全体でトマトの出来があまり良くないのですが、

そんな環境でも立派に成長したトマトたち・・・そして生産者の方々にも心から感謝します。

 

暑い夏は苦手な方も多いかもしれませんが、

夏が好き!と感じていただけるようなレッスンをイタリア料理を通して感じてもらえたら本望です。

 

 

 

 

 

 

 

 


IMG_2116-e1469774268332

5月~7月まで3回にわたって開催した

〈オイルと粉のベーシックレッスン@くど〉が終了いたしました。

IMG_2109-e1469774252727

岡山では何度も開催させていただいているこのベーシックレッスンですが、このように場所を変えてお話しさせていただくことは初めての試み。

 

viorto! のベーシックレッスンは、普段なんとなく・・・でも毎日のように食べている食品2つにフォーカスを当てて、全3回で講習をしています。

①オイルの基礎知識と選び方

②オイルの酸化とその加熱法

③小麦粉とグルテン

 

日本人、いや、人間にとって「油脂」はなくてはならない存在。

 

太りそうだしなぁ、思いながらなんとなく使っちゃう人、

揚げ物は家では面倒だから外で食べるよ、という人、

体に悪そうだからあまり食べない、という方もいらっしゃるかもしれません。

 

自信をもって油を使っている方はどれくらいいるかしら?

 

世の中で〈良い〉と言われている食材や健康法などを目にするたびに飛びついちゃうのはどうしてでしょうか?

あれは食べちゃダメ、これは体に悪い、と聞くと不安になったりしませんか?

油はいいの?悪いの?

小麦粉は食べていいの?いけないの?

 

いろいろな情報がありすぎて、「???」だらけになってしまうことってありますよね。

 

誰かがいいと言ったからではなくて、自分が自信をもって選べるようになるのがこのベーシックレッスンの目的。

 

~完璧を目指すのではなく、「なんとなく」ではない「今はこれ」という選択を自分自身でするということ。本当に大切なことだと思います~

 

というコメントは蒜山耕藝さんから頂いた感想。

(とっても素敵な内容なのでぜひブログをご覧ください)

 

まだまだたくさんの方に、

お話を聞いてもらいたい!

美味しいご飯を食べてもらいたい!

もっと心地よく美味しく楽しく暮らしてほしい!

と私は燃えています。(笑)

 

これからもベーシックレッスンはずっと続けていくつもりです。

ぜひ、機会があれば皆様もご参加いただけましたらうれしいです。

愛する自分のため、家族のために・・・ね。

 

後手のご報告になりましたが、

8月はベーシックレッスンのおさらい講座として、

オルチョサンニータを輸入販売されている朝倉玲子さんに「くど」でお料理教室をしていただけることになっています。

(viorto!会員、ベーシックレッスンご参加の皆さまで満席となりました)

 

自分らしいものさしを作り、

本物をまじめに作る生産者との距離をぐっと縮めていけるような内容にしたいと思います。

 

美味しいものをいただくことが、

自分のため、家族のため、友達のため、地球のためになったら、

ぐるっと回ってまた自分のためになるのだということを感じていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_1208

7月レギュラーレッスンが終了いたしました。

DSC_1251

viorto! は、イタリア家庭料理教室から始まりましたが、

月日の経過とともに、オリジナルに、そして風土に根ざした教室とゆっくり変化しています。

DSC_1236

7月のメニューは、イタリアンでも、和食でも、中華でもない、岡山に住む私らしい家庭料理。

DSC_1193

レッスンは本葛を使ったデザート作りから始まり、

DSC_1205

瀬戸内海が誇る美味しい美味しいいりこの出汁のお話とワークショップ、

DSC_1240

米麹を使った甘酒や醤油麹の展開料理などをご紹介いたしました。

 

私は20代のころ、イタリアの家庭料理にすっかり魅了されました。

イタリアの食文化の素晴らしさについては今でも変わらず、敬意をもっています。

パスタもピッツァもオリーブオイルも心から美味しいと思っています。

 

でも・・・日本の食文化(家庭に伝わる日常のもの)を知らずして、

他文化に傾倒し続けるのは私らしくありませんでした。

 

島国だからこそ、そして四季折々の美しい風土ならではの食文化がここにあるから。

 

次第にイタリアを通じて、日本の食にも目を向けるようになりました。

 

様々な発酵食品、

出汁を引くという概念、

30年もの月日をかけてじっくり育つ葛の根。

 

自然のリズムと調和し暮らすためには、自分の住む土地の食文化を知ることも大切。

 

viorto! は、これからもグローバルは視線を持ちながら、

風土が生み出した伝統食なども真剣に探求していきます。

 

目標は、梅干しも、お味噌もひょいと作ることのできるイタリア家庭料理家です。

 

8月レッスンでは、初心に戻ってイタリア家庭料理の基礎をお話しいたします。

懐かしい昔の話もしようかなぁ、なんて思っています。