viorto!
Blog&News ブログとお知らせ
DSC_1117

雪がかすかに残る3月下旬の蒜山にて、蔵つき天然麹菌と蒜山耕藝自然栽培の原料でしこむ「味噌つくりWS」を開催いたしました。

南は岡山から、北は鳥取からと、すがすがしい空気がながれる蒜山耕藝の「くど」に多くの方にお集まりいただきました。ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

この日のナビゲーターは、はるばる福井県よりいらしてくださった マルカワみその河崎紘一郎さん。

マルカワみそさんといえば、蔵つきの天然麹菌でお味噌を仕込んでいるいまや貴重なお味噌屋さんです。

大正3年創業の老舗のお味噌屋さんに生まれた河崎さんは、小さいころからお味噌と共に生活されてきた生粋の味噌好き。いや、昔は味噌屋なんて…と思ったこともあったそうですが、今はどこからどう見ても、心からお味噌を愛する青年でした。

DSC_1075

そんな素敵なナビゲーターとともに、蒜山の美味しい湧水で無肥料無農薬で育ったお米や大豆を使ってお味噌を仕込みました。

丁寧に浸水し、ゆでてもらったお豆たちをみんなに分けたら、いざスタート!

麹と塩をあわせ、大豆をつぶして、それぞれの樽の中へ。

DSC_1079

今回の味噌つくりは、天然菌、自然栽培原料、ロケーション、などすべてが極上のものだったので、私も念願の木桶で、viorto! の分を仕込みました。

ひとりでは大変な量でしたが、皆さんが率先してお手伝いをしてくださり、あっという間に仕込みが終了しました。

蒜山の地できっときっと美味しく育ってくれることと思います。

 

四季折々のにほんの風土に感謝しつつ、お味噌が出来上がる寒い季節を楽しみにしたいとおもっています。

出来上がったら、みんなで手前味噌自慢大会でも開催しましょうね!

マルカワみそさん、蒜山耕藝のみなさん、そして蒜山までいらしてくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

 

 


暮らしとつながる料理教室 viorto!(ヴィオルト)の待望のホームページが出来上がりました。

デザイナーは、美作の難波邸をプロデュースされているnottuoの鈴木宏平さん。
たくさんの素敵な写真を撮ってくれたカメラマンはおなじみ加藤晋平さんです。

2015年の春で、岡山に移住し早3年がたちます。

包み込まれるような空・水・大地、そして多くの温かい人たちと出会えたことはかけがえのない宝物となりました。

このHPは、そんな私の宝物を表現する自慢のページです。

「風土にあった心地よい暮らし」や「日本の豊かな文化」を一人でも多くの方に上手にお伝えできるよう、今日からまた心機一転一日一日を大切にしていきたいと思います。

今後とも、暮らしとつながる料理教室viorto!をどうぞよろしくお願いいたします。

暮らしとつながる料理教室   viorto! 今枝ゆかり