viorto!
Blog&News ブログとお知らせ
2015.07.09
夏の準備
BH5O6419

夏の準備、していますか?

 

我が家の冷蔵庫には、尾道・たてみち屋さんの美味しいレモンを使った塩レモンやはちみつレモンの瓶がたくさん出来上がりました。

それから、ミツル醤油さんの生麹と生成りを使った醤油麹、

みつ有機組合さんからいただいた赤紫蘇、OGシュガー、そして天然リンゴ酢で作った紫蘇ジュースも。

 

冷蔵庫を開けるたびに夏が来るのが待ち遠しくなってしまいます。

 

季節の台所仕事は、私の大好きな時間のひとつ。

 

あれこれ忙しい現代社会です。

なんでも自分でするのは大変ですが、

自分や家族に今必要なものを選んで丁寧に暮らすことはとても楽しいですね。

 

夏はシンプルレシピが活躍する季節。

美味しい野菜をシンプルに、でも丁寧に愛情込めて調理できるように準備をしていきたいなと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

月末のトマトづくしレッスンは、あっという間に満席になってしまい、皆さん本当にありがとうございました。

_H5O4466

まだまだお席を待っている方がいらっしゃいますので、どうにか夏の間に同じレッスンを開催できるように計画したいと思っております。

8月のトマトレッスンのお日にちが決まりましたらまたホームページやFBにてご案内いたします。

ひとりでも多くの方が、トマト料理をもっともっと楽しめるようになったらいいなと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


DSC_1911_285

ふとカレンダーを見れば、6月が足早に過ぎ去っていきそうです。

雨の月6月。

「食べること」を掘り下げていくうちに、日本特有の気候や風土の素晴らしさを日々実感するようになりました。

雨の月であるこの6月は、日本らしいとても素敵な季節。

じめじめした空模様は、この大地にへの恵みなんだと感じます。

青空や太陽は恋しくなるけれど。

さて、そんな6月は、ボリュームたっぷりのおもてなしメニューをご紹介いたしました。

DSC_1871_286

今月の注目は新玉ねぎを使ったカルボナーラでしたね。

旨みを最大に引き出した玉ねぎを使うカルボナーラは、チーズのコクを深めます。

DSC_1955_283

玉ねぎを使うことでチーズの量も少し控えめに作ることも可能です。

実はカルボナーラが苦手だった。と告白?される方もいらっしゃいましたが、

「美味しかった!」という感想をいただき、嬉しかったです。

DSC_1902_284

そしてメインにアンチョビ風味のローストチキン。

主に胸肉を使用しましたが、そのジューシーさに皆さん驚かれていました。

ナイフを入れたときの柔らかさや、クリスピーな皮も食欲をそそります。

DSC_1911_285

 

デザートにはバナナとヨーグルトのアイスクリーム。

DSC_1961_282

アイスクリームマシンは使いませんが、濃厚で本格的なものが作れます。

夏のお誕生日やおもてなしにピッタリ!

 

さて、6月は「感じること」について少しお話をさせていただきました。

世の中の流れは自然派志向に向かっているのか、

最近は食をテーマにした本やヘルシ―をうたう食品が急激に増えている気がします。

 

「美しく、健やかに生きたい」とは、多くの人が望むテーマ。

 

日本人はどうも流行に弱いようですが、

私が思う、健やかな暮らしへの第一歩は、まずは「感性を研ぎ澄ますこと」。

 

私たちが持つ五感を研ぎ澄ますことで、「自分らしい美しさ」を求めてきたら素敵だとおもいませんか。

誰かの感性ではなく、自分の感性で、美味しいもの、美しいもの、気持ちが良いものを追求していきたいものですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

7月のレギュラーレッスンも、もう直前!!

夏野菜がすくすく育つ畑を想いながら準備を進めていきたいと思います。

来月もどうぞよろしくお願いいたします。

 

7月レッスンのご案内はこちら→

レギュラーレッスンのご体験は随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 


BH5O6450

暮らしとつながる料理教室 viorto! のレッスンには、さまざまなカテゴリーで活躍する方々が参加してくださっていることに改めて感謝する6月のはじまり。

 

農家さん、パン屋さん、料理家さん、栄養士さん、生活にまつわる道具の作家さん、食材店の方、器屋さん、お菓子屋さん、お医者さん、学校や保育園の先生、ヨガの先生、美容師さん、そして・・・ご家族やお友達のことを大切に思う奥さま、お母さん、おばあちゃん・・・と、

本当にいろいろな方たちが、おいしい時間を共有してくださっています。

 

私が皆さんと一緒にお料理をしている合間に、それぞれの方が、それぞれのタイミングで貴重な体験や知識をシェアしてくださることあり、viorto!のレッスンをより楽しく深くしてくれます。

暮らしを大切にしたい人が集まる viorto! は私にとって、とても愛おしいものです。

 

料理教室を主宰する仕事柄、「せんせい」 と私のことを呼んでくださる方もいるけれど、

私は「せんせい」ではなく、みんなの感覚を研ぎ澄ますためのナビゲーターでいたいな、と最近感じています。

 

皆さんの知恵や力をお借りしながら、私も日々成長していきたい。

 

それでは今日も美味しいレッスンの準備をはじめましょう。

 

 

 


DSC_1666_265

私にとって「1年で一番楽しみな日!」といっても決して過言でない、オリーブオイル販売の朝倉玲子さんの来岡。

玲子さんに出会って4年目の今年は、ついに4回目の講習会!

もう4回も講習会をしていただいているんだなぁなとしみじみ・・・。

そして、私自身はこの3年間で合計8回の講習会に参加させていただきました。

 

先日の朝日新聞の別紙で取り上げられたように、玲子さんはオリーブオイルを販売して今年で15年だそうです。

世界を取り巻くオリーブオイル業界の腐敗の中、

「日本のみんなにも美味しいオリーブオイルを知ってもらいたい。」

「まっとうな生産者を一人でも多くの消費者とつなげたい。」

その一心で突き進んでこられたのだと思います。

 

私は10年ほど前にイタリアの家庭や農業宿泊施設でイタリア家庭料理に触れました。

そしておばあちゃんたちのオリーブオイルを使った調理方法に、カルチャーショックを受け、今この仕事をしています。

 

油の歴史が長いイタリアと油の歴史がまだまだ浅い日本の調理方法の違い。

初めて玲子さんのお料理をする様子を見たとき、

「あ!私と同じ!」

と、とにかく嬉しくて興奮したの忘れることができません。

 

「あの時のゆかりさんの驚いた顔!忘れられないよー。」

3年たった今、玲子さんはそうおっしゃいます。

 

それからずっと私は油のこと、小麦粉のこと、野菜のこと、美味しいもの、美しく平和な世界がずっと続くためのこと、を学び続けています。

DSC_1679_266

お料理をする朝倉さん。

参加してくださった方、そして私もみんな真剣にお話を聞きます。

DSC_1684_275

朝倉さんのパスタは世界一。イタリアでパスタを作っている工場長さんも、そう言うそうです。

DSC_1701_268

ケイパーを使ったおにぎりや、グリーンピースの翡翠煮、幻の調味料ガルムを使ったサラダやパスタ。

 

おいしく元気に暮らすためのオイルや小麦粉の選び方や調理法。

しらないのは絶対損と言い切れるくらいたいせつなテーマ。

 

だから、私も一人でも多くの人にあって、一緒に美味しいご飯を食べてお話をしたい、と日々を過ごしています。

 

先日、いつもご参加くださる方から、

「知るを楽しむ毎日を送っています。」

と、とても嬉しいメッセージをいただきました。

 

知ることで世界はもっともっと広がります。

知って、学んで、実践して、そして感じる力を伸ばす。

自分の感性に自信を持ち、日々を暮すことができたら、楽しいですね。

玲子さんの屈託なく笑う表情をいつも頭の片隅に・・・自分の体のこと、家族や子どもたちの体のこと、未来のこと、もっともっと考えていきたいと思います。

 

玲子さんとすごした日々のお話、まだまだ書ききれないので続きは、6月のレッスンをおたのしみに・・・。

 

 

 

 

 


DSC_1729_272

 

暮らしとつながる料理教室viorto! では、いつもの感謝の気持ちを込めて、会員限定のイベントを不定期で開催しております。

この度は、viorto!の食卓でも大活躍の「備前焼作家 寺園証太さん」にお越しいただき、

備前焼の話、器の話、暮らしの話などを伺いました。

DSC_1738_273

博多生まれの証太さんは、岡山の伝統的な焼き物である備前焼を生業しています。

20歳の時から備前焼の魅力に取りつかれているという寺園ご夫妻。

いつも自然体で、そしてあたたかく、時にクールで、まさに備前焼のようなかっこいい存在。

奥さまの優さんは、お菓子やお料理を作るのがとっても上手。

以前、ご自宅にうかがった際にいただいたお菓子たちの一つ、キャラメルタルトのお料理教室の開催をお願いしてみたら、快くOKしてくださり、みんなでキッチンを囲みました。

DSC_1733_274

美味しいフレンチプレスのコーヒーと焼き立てのお菓子、そして証太さんが作り上げた器たちが食卓に。

皆さんと楽しい楽しいコーヒータイムを過ごしました。

 

私がこのような手作りの器に特に興味を持つようになったのは、実は岡山に移住してから。

お友達が心をこめて作るお野菜やパンを調理するようになって、

「あ、この子たち(お料理)を、もっとあたたかい器にのせてあげたい。」

と強く思うようになったから。

 

衣食住は、「衣」「食」「住」ではなく、「衣食住」なのだと、わたしは岡山の自然から教えてもらました。

 

食も、暮らしも、過去も、未来も、私も、あなたも、ぜんぶぜんぶつながっています。

どれが欠けてもこの世界は成り立たないはずです。

 

暮らしとつながる料理教室は、みんなとつながる料理教室でありたいと願います。

 

証太さん、優さん、ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

 

*お知らせ*

器は6月の18日までviorto!のキッチンスタジオにてご観覧いただけます。ご希望の方はお気軽にお声掛け下さい。