viorto!
Blog&News ブログとお知らせ
DSC_1416

ご縁をいただいて、愛知県の知多半島でレッスンをさせていただきました。

どんな方にお会いできるのかわくわくしながら新幹線に。あっという間の2時間。

名古屋まではとっても近いですね。

 

今回は、春のお野菜とオリーブオイルの使い方をメインとしたレッスン。

玉ねぎのうまみを引き出す調理法だったり、季節のお野菜と名物である桜エビをオリーブオイルで和えるだけの簡単でおいしいサラダなど。

基本中の基本をお話しできれば、と思いレシピを組みました。

 

私は食やそれを取り巻く今の状況を伝えることを仕事の一つとしています。

シンプルな話あれば、ちょっと踏み入ったお話もあります。

美味しいものを求めることが食材へのこだわりにつながることも多々あります。

丁寧に作られたお野菜や本物の調味料を使えば体に負担が少ないですし、お料理が美味しくなることは確かなことだからです。

 

でも、私が一番大切にしたいとおもっていることは、

「心が幸せなこと」

 

どんなに素晴らしい食材を使っていても、頑張りすぎて「ちょっと疲れちゃったな。」と思うことがあるならば、

それは変化のスピードがちょっと速すぎる合図。

のんびり、緩やかに、のびのびと、たまに戻ったり、足踏みして変化することが自然なリズム。

 

viorto! という料理教室が、基本的に会員制度をとっているのは、一度のレッスンでは、断片的にしかお伝えすることができないから。

頭だけで理解するのはとても難しい。

感じたり、考えたり、失敗しながら、時間をかけて、自分らしい食のものさしを作っていくのが心地よい。

 

「あれはだめ」「これはだめ」を増やすより、「あれが美味しい」「これが気持ちいい」がたくさんある暮らし。

 

viorto!のレッスンを通じて、こんな風に思ってくださる方が一人でも増えたらとても幸せです。

 

知多の皆様、このたびは大変お世話になりました。自然のリズムを大切に。またお会いできる日を楽しみにしております。

DSC_1416

 

 

 

 

 

 


DSC_1428

日本人にとって「だし」は、なくてはならない食文化。

オイルの文化があまり育たなかったのは、「だし」で十分美味しかったからなのではないか、

と、最近ふと思います。

「だし」の基礎を理解してお料理ができたら、どんなに楽しい暮らしになることでしょうか。

そんな気持ちを込めて開催した viorto! 初の出汁ひき教室。

 

DSC_1428

昆布、かつお節、いりこ、乾椎茸の4つの食材にスポットを当てました。

大量生産、工場生産が主流の世の中です。

残念ながら、どんな素材を選んでもおいしくできる。とは限りません。

美味しいものの選び方は、生産者や文化の守り方。

代々続いてきたこの食文化を次の世代につなげてゆくためにも・・・。

DSC_1423

選び方のお話を座学の後は、実践です。

かつお節は削り器でシュッシュッ。

殆どの方が初めのチャレンジだったにもかかわらず、皆さんとってもお上手!

「きれいに削れると気持ちがいいね。」「削れる音が心地よいね。」

そんな話をしながら・・・。

DSC_1424

切り干し大根の炊き込みご飯はいりこのだし。

蒸し豆腐のあんかけは椎茸の戻し汁。

絹さや入りのかき玉汁・菜の花の煮びたしは、昆布とかつおの合わせだし。

それぞれの出汁の香りや旨みをいただきました。

 

良いおだしがひけて、美味しい発酵食品を知っていて、油の使い方がパーフェクトだったら、これ以上のお料理上手はいないでしょうね。

 

大事な大事な私たちの食文化をテーマとしただしひき教室。

きっとまたいつか開催いたします。

その時は是非ご参加してみてくださいネ。

 

 

 


DSC_1370

週末、念願だった CIELOさんとのコラボレッスンである「春のワインレッスン」を開催いたしました。

右子さんのセレクトしてくださったワインはなんと8種類!

「こんなにいろいろな種類が飲めるなんて嬉しい!」

とはじまるまえから皆さんウキウキされていました。

 

もちろん私もその中の一人!

かすかに濁る美味しそーなプロセッコや、あのロレンツォさんの2007年カーゼコリーニ(bricco)が、目の前にあるのですから!!

viorto! のご用意した おかずたちは以下の通り:

雪下人参とえびの橙サラダ

ゴーバル布巻ロースハム

卵とアスパラのクロスティーニ マグロのボッタルガ乗せ

筍のマリネ

蓮根のトマト煮シチリア風

自家製ポークソーセージ

ファッロのタリアテッレ 椎茸ソース

イタリアンローストチキン

レタスと切り干し大根のサラダ

ティラミス

 

もちろん、ほとんどのお料理がレシピと解説付き。

viorto! のレシピは混ぜるだけー、煮込むだけー、のシンプルなものばかりなので、おうちで作ってみていただけたら嬉しいです。

 

さてワイン会というと、

「ワインの基礎的な知識が必要(産地や種類、飲み方など)で、ちょっと敷居が高そう・・・。」

と皆さん思われることが多いそうですが、viorto!のワインレッスンはお料理をいただくのと同じように五感で味わってもらうことを一番のテーマとする会です。

 

ワインに限らず、私たちが日々口にしているものは、自然からの恵み。

「美味しい」「美味しくない」

と評価するのではなく、

「この年のワインはこんな味わいなんだなぁ。」と感謝していただくのが本来のあり方なのではないかと思うのです。

毎日いただくお野菜やお米、調味料に至るまで、自然の力と生産者の努力に感謝しながら口にすることができたらとても幸せなことだと思います。

しかしながら、現代では「自然の恵み」とは言えないような食品が多数を占めていることが残念でなりません。

一つでも多くの物が自然のリズムで育っていけるように、美味しいものが大好きな私はやっぱり丁寧なモノづくりをする方をこれからももっともっと応援していきたいなぁと思います。

 

そんなことを改めて感じさせてもらったワイン会でした。

 

そうそう、ソムリエさんというとワインの知識が豊富で、素人にはちょっと難しい説明もたくさん…なんていうイメージが皆さんあるかもしれませんが・・・。

 

私が最近会うソムリエさんたちは、知識よりも感性でお仕事をされている方が多いです。

「なにか」を本当に伝えたい時は、誰にでもわかりやすい言葉で表現することが大切。

そんなソムリエさんのいるお店が岡山県内にもありますので、ぜひぜひ美味しいワインを味わいに、まずはCIELOさんに行ってみてください!

ワインの飲み頃を熟知されているので、その日にピッタリのワインをいただけます。

 

viorto!でも「津山ツアー」と題して、今年はみんなでCIELOさんに伺えたらいいなぁと計画をしています。

 

ご参加いただきました皆様、素敵な夜をありがとうございました。

 

DSC_1370

 

 


DSC_1230

4月のレッスンが始まりました。

「イタリア家庭料理教室」 というテーマで始めた教室が、

「暮らしとつながる料理教室」という名称に代わって1年がたちました。

イタリアで学んだ食や文化に対する姿勢やオリーブオイルをはじめとしたレシピや料理方法はそのまま受け継いでおりますが、

イタリア食材だけにこだわらず、日本の風土と共にある暮らしを提案していけたら、いつも心に思っています。

 

写真のきれいな八重桜は、みつ有機組合さんから先日いただいたもの。

自家製の桜の塩漬けが作りたい!という私のわがままを聞いてくださり、ちょうどつぼみがふくらんだ頃にお持ちくださいました。

季節仕事は極上の幸せ、本当にありがたいです。

 

さて、4月のレギュラーレッスンでは、油の加熱方法を丁寧におさらいすることと、お砂糖の歴史について簡単にお話しさせていただいております。

美味しいオリーブオイルと合わせた自家製醤油麹や贅沢食材で作ったキッシュもとっても好評です。

若干お席がございますので、ぜひご参加いただけたら嬉しいです。

4月レッスンの日程はこちらをご覧ください。

 


3月のレッスン模様。

春の近づきは感じていても、まだまだ寒さ厳しい3月のレッスン。

煮込み料理や乾物、豆類などを使って楽しくレッスンを開催しました。

 

3月のメイン料理はロールキャベツ。

オリーブオイルで野菜の旨みをじっくり引き出す調理法にくわえて、美味しい美味しい蒜山耕藝さんのお味噌や入りたての自然栽培胡麻のすりおろしをスープに頂きました。

DSC_0975生姜入りだったこともあり、味噌仕立てのロールキャベツで体はぽかぽか。

そしてみんなでワイワイパスタづくり。

岡山県産ふくほのかをつかった優しいパスタ。

パスタはイタリア料理の代表!といえど、日本の郷土料理にあるおだんごや中華料理の餃子とも似ているね、というお話を交えながら。

DSC_1008

美味しいものは世界共通。

DSC_1017

できたてのオレッキエッテは、菜の花のソースで春らしくいただきました。

 

3月末になるとあっという間に桜がわっと咲き始め、お花見をするまでもなく、ちらちらとこぼれていった春休み。

散るとわかっていながらも、やっぱり恋しく寂しく感じるのは日本人のDNAでしょうか。

 

4月を迎えて新緑の光に元気をもらいながら、今月もレッスンが始まっています。

4月のレッスンもどうぞお楽しみにしていてくださいね。