viorto!
Blog&News ブログとお知らせ
2015.04.29
だしひき教室 開催いたしました。
DSC_1428

日本人にとって「だし」は、なくてはならない食文化。

オイルの文化があまり育たなかったのは、「だし」で十分美味しかったからなのではないか、

と、最近ふと思います。

「だし」の基礎を理解してお料理ができたら、どんなに楽しい暮らしになることでしょうか。

そんな気持ちを込めて開催した viorto! 初の出汁ひき教室。

 

DSC_1428

昆布、かつお節、いりこ、乾椎茸の4つの食材にスポットを当てました。

大量生産、工場生産が主流の世の中です。

残念ながら、どんな素材を選んでもおいしくできる。とは限りません。

美味しいものの選び方は、生産者や文化の守り方。

代々続いてきたこの食文化を次の世代につなげてゆくためにも・・・。

DSC_1423

選び方のお話を座学の後は、実践です。

かつお節は削り器でシュッシュッ。

殆どの方が初めのチャレンジだったにもかかわらず、皆さんとってもお上手!

「きれいに削れると気持ちがいいね。」「削れる音が心地よいね。」

そんな話をしながら・・・。

DSC_1424

切り干し大根の炊き込みご飯はいりこのだし。

蒸し豆腐のあんかけは椎茸の戻し汁。

絹さや入りのかき玉汁・菜の花の煮びたしは、昆布とかつおの合わせだし。

それぞれの出汁の香りや旨みをいただきました。

 

良いおだしがひけて、美味しい発酵食品を知っていて、油の使い方がパーフェクトだったら、これ以上のお料理上手はいないでしょうね。

 

大事な大事な私たちの食文化をテーマとしただしひき教室。

きっとまたいつか開催いたします。

その時は是非ご参加してみてくださいネ。