viorto!
Blog&News ブログとお知らせ
DSC_1101

「料理は五感で」が口癖のようになってしまっている。

いや、五感以外でする料理が今の私には想像がつかない。

それを身体で実感するのがこの翡翠色の豆たちが台所にやってくる季節。

DSC_0095

絹さや、スナップエンドウ、グリーンピース、そら豆。

出来上がりを想像したら、豆たちを一気に火にかけていく。

時にはぶくぶく気泡がのぼる熱湯から、時には冷たい鍋で、そして時には油で。

 

絹さやは真剣勝負、色が変わったらすぐに盆ざるに取り出したい。

スナップエンドウは、きゅーっとかわいい声をあげはじめたら。

そら豆はぷっくり風船のように膨らむまで。

 

こんな風に文字で簡単に書いてはみるが、やってみると一筋縄ではいかないことも多々。

私たち人間もそれぞれであるように、野菜たちもそれぞれ違うことは言うまでもない。

 

私の大好きな国であるイタリアではこれらの野菜もくたくたに柔らかくなるまで加熱することが多く、

そのように調理された野菜は、同じ野菜だとは信じられないほど深い味わいを秘める。

でも、このように歯ごたえがあり、彩を大切にする日本的な調理方法もとても好き。

 

DSC_0121

外食ではおまけのように使われることの多いグリーンピース。

(岡山県南ではなぜか「アラスカ」と呼ばれる。北部や、隣接する広島の街や、兵庫でもそう呼ばれていないのに。でも今は私もアラスカと呼んでいる。岡山県民だからね。)

小さいころ、グリーンピースはあまり好きな野菜ではなかった。

缶詰に入った人工的な甘みの緑色の豆、ミックスベジタブルに入っている冷凍のもの、食べたことがあると言ったらたぶんそのようなものだった。こんなもの入れなくていいのに、と思っていた。

 

岡山はグリーンピースの産地だ。ゴールデンウィークくらいから梅雨入りまで短い間楽しむことのできる美しい豆。

グリーンピースがこんなにも美味しいものだと知ったのはこの土地に来てから。

少し乾いた鞘からぷりぷりの豆たちがはじける。この季節は手を見なくても鞘から豆を出せるようになるほどグリーンピースを食べる。

スナップエンドウも、絹さやもそう。季節の巡り合わせ。

 

「身体が緑色になりそうなくらい豆を食べてます。」という方が教室にいらっしゃって、それがとてもおかしくて二人で笑いあった。

 

2018年5月

・春夏野菜の白和え

・トマトと香菜の味噌汁

・グリーンピースと海老の葛炒め

・セロリの卵焼き

・新玉ねぎのシュウマイと長いも・キャベツの蒸し野菜

・はと麦ごはん

・揚げ白玉 ココナッツ風味

 

 


DSC_0562

春を代表する野菜といえば何を思い浮かべますか?

DSC_0706

岡山にきておどろいたこと、それは春には畑に野菜がないということ。

DSC_0007東京にいた頃は、筍はもちろん、緑色の豆たち(絹さややグリーンピースなど)、アスパラガス、トマトに春人参・・・と色とりどりの行楽弁当をイメージしてはムフフと一人楽しんでいたのだけれど、

実際の畑はまだまだ収穫期にはたどり着いていない。種や芽をゆっくりゆっくり育ててる途中。

それがわかってくると、私もだんだんと彩とりどりの行楽弁当を欲しなくなった。

身体に入れたいものは、山里で芽吹き始めた山菜たちだ。

DSC_0008

毎年この季節の教室では、この時だからこそいただけるもの、いただくべきものを丁寧に下ごしらえし、食べたことのなかったご馳走にしたいとレシピを考える。

この時ばかりは、毎日のように近所の産直に山里から来た山菜たちを探しにいく。

連続して開催する料理教室で鮮度の落ちやすい山菜を取り扱うことは実はとても気合がいること。

本当はスーパーマーケットに行って、南から届いた野菜たち寒い土地で保存されていた根菜たちを日々手に入れたら楽なのだから。

それでも、こうして私たちと同じ風に吹かれて同じ水を飲んで育った山菜や野菜たちを料理することが今一番の贅沢なのだと岡山の皆さんに知ってもらいたい。

豊かだからこそ、気がつきにくいこと。

私は日々の小さな幸せがとても大きな宝物であることを、ずっとずっと大きな声で言い続けたいと思う。

 

2018年4月

・鯛のあらで引いたお出汁を使った茶わん蒸し

・蕗と筍のアンチョビソテー

・蕨のナムル

・筍のおこわ(いりこだし)

・雪下人参と春菊のかき揚げ (雪下人参は蒜山の土地で雪の下で数カ月じっくり春を待っていたもの)

・苺づくしのジュレ


IMG_4588

今週末、3月24日&25日に牛窓にある sajiya studio にて、「スープの時間」を開催します。

瀬戸内の牡蠣をたっぷり使用したオイスターチャウダーと牛窓の春をテーマにしたサラダをセットにしたランチプレートをご用意します。

皆さま、春の牛窓へ是非お散歩にいらしてください。

IMG_0038

 

◆スーププレート(オイスターチャウダーとクレソンとイチゴのサラダ) ¥1200

当日は、イルリコッターロ のリコッタフレスカをつかった特製ティラミスや丁寧に淹れたコーヒー、viorto! おすすめの調味料等販売いたします。

スーププレートはご予約を承っています。(ご予約優先)

ご予約は sajiya studio のメールへお申し込みください。(メールがない方はお電話で。)

mail:  sajiya4@yahoo.co.jp

tel:  090-2440-3522

件名を「スープの時間予約」としてください。

・お名前

・ご同伴の人数

・希望の日付・時間 (24日25日のいずれか、また、時間は下記のA~C よりお選びください)

・携帯電話番号

タイムテーブル↓

A11:00~

B12:30~

c14:00~

 

*お子様同伴に際し、年齢制限は設けておりません。

工芸品を扱うお店でのイベントとなりますのでお子様にとりましては自由に動けず少々窮屈な環境下となります。

そのような環境でも楽しんでいただけるお子様と保護者様のお越しをお待ちしております。


DSC_2879

2018 新年明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ暮らしとつながる料理教室viorto!をよろしくお願い申し上げます。

DSC_2857

昨年末も教室にご参加の皆さまとおせち料理を作らせていただきました。

1年に1度しか作ることのないお料理の数々ですが、黒豆を煮る香りや伊達巻を巻く作業に、いよいよ年の瀬だなぁと実感させられます。

DSC_2855

おせち料理は日々のお料理とは作り方も気持ちも大きく違うので、毎度背筋がピンと伸びて、少し不思議な気分がします。

わたしにとって、料理は心を整える方法の一つなのだと思い知らされるばかりです。

 

私の新しい年のテーマは、「ふわふわと」。

蝶々のように、ふわふわと風の流れに身を任せたり、ちょっと頑張って飛んでみたり、時に休みながら、365日を進んでいけたらと思っています。

 

そして今ある豊かさに目を向けて、美味しい幸せを広げていけたらと思います。

 

今年もお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

2018年1月7日 viorto!今枝ゆかり

 


A39968C5-16AA-49DF-80BF-D9078835B076

雨の多かった今年の10月。

晴れの国岡山も、雨、雨、雨。

あまりの雨の日の多さに農家を営む友人たちのことが気になってしかたなかった月。

41F63A1E-6C3A-4690-86E5-22F01995F16A

そんな心配をよそに、秋に旬を迎えるパプリカたちはピッカピカ。

肉厚で甘いパプリカや、ピーマンたち。

こんな風に色づくまで本当に長い時間、じっくり育った子達。

きてくれてありがとう。

DDCF19FA-125E-453B-A7E3-2234A4516081

こんな風に柔らかくイタリア風の煮物にしたら、とろとろの旨味。

ご飯にもとても良く合う最近のお気に入りの料理。

A39968C5-16AA-49DF-80BF-D9078835B076

秋鯖のトマトマスタードソテーの付け合わせ。

イタリアとフランスの知恵をミックスした家庭料理。

蒜山からきてくれたカボチャたちも目玉が飛び出るくらい美味しかった。

毎年種取りをお手伝いさせていただいているこのカボチャ。

「タネを繋ぐってどういうこと?」

私が感じていることをちょっと真面目にお話しさせていただいた日もありました。

美味しい料理のためには大切なことは、「自然のルールに従うこと」だと信じているから。

59B020FA-B30D-40D3-A81C-C8FFB4F2490E

そうそういつものレッスンの他に、自然のチカラを借りて作るお味噌も仕込みました。

今回の仕込みは、ひよこ豆味噌。

このお味噌をどんなお料理にしていこうかと今からワクワクが止まりません。

イタリア人のお友達にも食べてみてもらいたいな。

 

 

この後、オイルのベーシックレッスンを開催させていただいたり、蒜山に撮影にいったりと、

「美味しい」を仕事にできる幸せを噛みしめる毎日です。

 

たまーに、

「こんなに料理のことばかり考えていて、わたしの頭の中どうなっちゃってんのかな。」

なんて思ったりもしますが、

美味しいものに出会えば出会うほど、みんなをもっともっと美味しい世界に連れていきたい、と闘志がメラメラと湧いてきちゃうのです。笑

 

全くしょうもない私ではありますが、それでもこのまま食のこと、暮らしのこと、追求していきたいと思います。

そんなわけで、、、11月もどうぞよろしくお願いいたします。